体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メキシコ料理専門店のあの「エルボラーチョ」がOPENさせたメキシカンビアパブって?【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20170823182421j:plain

Hola!!(オラ)

メシ通レポーターの泡太郎です。

今回僕が紹介するのは、福岡市内に4店、東京に3店、さらにはメキシコのカンクン(つまりは、逆輸入しちゃってます)でメキシコ料理専門店を展開する「エルボラーチョ」が新しくOPENさせたお店です。

お店の名前は「FUKUOKA CRAFT」

「エルボラーチョ」は伝統的なメキシコ料理を提供する、コテコテなメキシカ〜ンなレストランですが、このお店はメキシコで今人気沸騰中の、“クラフトビール”と“メキシカンBBQ”を提供するメキシカンビアパブ。

いわゆる、メキシコで最先端の形態のお店なんです。

場所は、福岡でも大激戦区のひとつ「大名」のど真ん中。

人通りの多い路面にあります。

f:id:hotpepper-gourmet:20170905183542j:plain

こちらが外観。

まだOPEN前ですが、メニューをチェックしている人がいますねぇ。

f:id:mesitsu_lb:20170824141003j:plain

では、17:00(日曜日・祝日は15:00)のOPENと同時に入店!!

店内は立ち飲みスタイルのカウンターとハイテーブル、

f:id:mesitsu_lb:20170824141059j:plain

奥には、ソファのあるテーブル席もあります。

f:id:mesitsu_lb:20170824141133j:plain

店内の雰囲気は、ニューヨークのブルックリンにあるパブのような感じ。

本場のスタイル同様、キャッシュオンデリバリーで、お店に入るとまずレジカウンターでオーダーをして料金を支払います。

基本的にドリンクはその場で受け取り、フードは後からスタッフが席まで持って来てくれます。

システムの説明が終わったところで、いざオーダー開始!!

f:id:mesitsu_lb:20170824141318j:plain

※写真のメニューは、ずべて税抜き表記です

こちらがTAPから注がれるクラフトビールのメニュー表。

「国内外のクラフトビールを常時10種類ご用意しています。ラインアップもだいたい2週間ペースで少しずつ入れ替えています」と店長のアッキー。

それぞれグラスと1パイント(473ml)からサイズが選べて、飲み比べセットもあります。

IPA好きの僕は、迷わず8番の「スルガベイ インペリアルIPA」の1パイント(950円)をオーダー。

(※IPAとはインディア・ペールエールの略で、ホップの風味が強くて苦味のあるビールのこと)

f:id:mesitsu_lb:20170824141416j:plain

「こちらは、静岡の伊豆で造られているクラフトビールで、最近入って来たばかりなんです。ハイ、どうぞ〜」と、満面の笑顔(目の奥は笑っていない気もするが……)のアッキー!

f:id:mesitsu_lb:20170824141501j:plain

IPAらしい、きれいな琥珀(こはく)色をしています。

思った以上に苦味が強いが、後味はすっきりしていて、かな〜り僕好みの味わい!!

そういえば、まだフードをオーダーしていなかった……。

f:id:mesitsu_lb:20170824141554j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。