体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with DONY JOINT & MUD (KANDYTOWN)

NeoL_MUD_DONY | Photography : Junko Yoda

クルーとしての人気の高まりは勿論、ソロとしての活躍も著しいKANDYTOWN。正規リリース、配信、現場リリースなど、その形態を問わなければ、ほぼ全員がソロでの作品リリースを手がけ、そのカタログ数は膨大な数に上り、KANDYTOWNの創作意欲とヴァラエティの豊かさ、そしてそれぞれのソロとしての存在感を楽曲として形にしている。そういった流れの中、メンバーのDONY JOINTは「A 03 Tale,¥ella」を5月に、MUDが「Make U Dirty」をリリースした。いぶし銀の世界観の中に、キラリと光るような鮮やかさを込めた「A 03 Tale,¥ella」、そしてG-FUNKやオートチューンなど、これまでのKANDYのカラーとは違った側面を見せた「Make U Dirty」と、それぞれのカラーをソロとして確立させたDONY JOINTとMUDに、彼らのこれまでと現在、そしてこの先をうかがった。

——今回はMUDくんとDONYくんの二人でのインタビューということで、まずお二人の出会いからお教え願えればと思います。

MUD「初めて会ったのは俺が高1、DONYが中3の時ですね。俺が高校から私立に入って、後にKANDYTOWNのメンバーに繋がっていくBANKROLLのメンツと遊びだした時に、DONYと出会ったんです」

——KANDY TOWNは学年的に言うと、一番上にIOくんやRHOHUくん、B.S.Cくん達のBANKROLL組、その一学年下にMUDくんやNeetzがいて、そのもう一つ下の学年にDONYくんやYOUNG JUJUくんのYABASTA組と、大まかには3つの学年で構成されているんですよね。

MUD「そうです。それでDONYは中学生でBANKROLLに所属してて。それで向ヶ丘遊園にあったライヴハウスで高校の人間が中心になったパーティがあった時に、俺もソロで出て、DONYもBANKROLLのメンツとして出てた時があって、その時に最初に会いました」

——その時の印象は?

MUD「もう今と変わんないですね。中学生なのにヒゲも生やしてたし」

DONY「『ヒゲ生えて欲しいな』ってずっと願ってたら、中3ぐらいから生えてきて」

——そんな『願えば叶う』みたいな話なの?(笑)

MUD「だから最初は敬語使った記憶があるもん。年上だと思って。でよく話したら年下かよって(笑)」

DONY「俺もその前に何かでMUDのライヴを観たことがあって、一つ上の世代の中でも、スゲえラップが上手い、格好いいラッパーだなって思ってましたね。その時から、いまに通じる独特の、病みつきになるラップをしてて」

MUD「そこら辺から遊びだしたんだよね。(後にKANDYTOWNに繋がっていくような)音楽や遊びの感性の似てるヤツの中の1人というか」

NeoL_MUD_DONY3 | Photography : Junko Yoda NeoL_MUD_DONY2 | Photography : Junko Yoda

——そのイべントってどれぐらいの集客があったの?

MUD「100人以上来てたんじゃないかな。卒業した人とかも出てたし」

DONY「ラップとかDJだけじゃなくて、(オカモト)レイジくんとか、今のOKAMOTO’Sに繋がるメンバーがやってたバンドも出てたし」

MUD「落語とかも出てて。レイジくんがその落語のマイクにエフェクター繋いで、ロボット声で落語したり(笑)」

DONY「もうジャンルを問わず、各々のパフォーマンスを見せるみたいなイベントだったんで。100回以上やってるんじゃないっすかね」

MUD「あれでやっぱりパーティ好きになっちゃったもんな。今でも色んな世代やジャンルに友達がいるのは、そこで繋がった関係性も大きいですね」

——DONYくんは学年が違うけど、BANKROLLに入ったキッカケは?

DONY「BANKROLLのサンタくん(B.S.C)が地元の先輩で、サンタくんと一緒にラップを聴いたりしてたんですけど、サンタくんがYUSHIくんとかIOくん、Ryohuくんと遊ぶようになって、そこに俺も顔を出してるうちに、一緒にラップやろうよ、みたいな感じでした」

MUD「俺が高校から私立に入ってまず驚いたのは、もう学校のいたるところでフリースタイルやってた事ですね。非常階段、食堂、中庭……。体育の授業サボって、誰もいない空き教室で、プレイヤーとテレビのスピーカー繋いでラップしたり。ホントにあそこは自由だったんで、生徒じゃないDONYも遊びに来てたし。BANKROLL世代の卒アルには学年の違う俺とか、そこの生徒じゃないDONYも載ってます(笑)」

——自由というかなんというか(笑)。

DONY「もう自由すぎてビビりましたね。こんな学校あるのか、って(笑)。俺が通ってた公立校はラップも流行ってなかったんで、地元に無いものを普通にやってる人たちがいるっていうのは、結構カルチャーショックでした」

——二人に別々に話を聞いた時に、二人とも一番影響を受けたのはグループBANKROLLだっていう話をしてて、それがスゴく印象に残ってるんですよ。

MUD「最初のお手本って感じだったすね」

DONY「俺も」

MUD「それまでもヒップホップを聴いてたけど、『目標にしたい』って思ったモノは無かったんです。だから、何をどうすればいいんだろうって思ってた時に、BANKROLLに出会って、これを目標にすれば良いんだって、『見えた』感じだったんですよね。今でもその気持ちは変わらない。一番刺激を与えてくれるのはBANAKROLLであり、KANDYTOWNのメンバーですね」

DONY「確かに。BANKROLLの先輩たちに出会って、『目覚めた』感はありました。音楽だけじゃなくて、遊び方だったり、街での身の処し方、どう過ごすか、生き様とか、全部が刺激的で。そういうライフ・スタイルも含めて、目覚めたと思います。しかも、その遊びには常に音楽がついてくるんで、そこで色んな音楽を教えて貰ったり、一緒に曲を作ったりして、今の自分が出来上がって来たんだなって思います」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。