ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元カレから突然の連絡が!あなたが取るべき行動は?

元カレから突然の連絡が!あなたが取るべき行動は?

普段ほとんど会わない人と一日に何度も出くわす。

欲しいと思っていたものを偶然プレゼントされる。

自分に起こったできごとにはすべて意味がある、とする考え方は古くからあります。普段占いや風水を信じない人も、こんな出来事があったら「もしかして運命?」と考えてしまうはず。

『運命のサインをよみとく事典』(サンマーク出版刊)によると、日常生活で起きる出来事には、もっともっとたくさんのあなたへのサインが隠れているそう。たとえば、ある日突然、昔の恋人から連絡が来た時、そこにはどのような意味が隠されているのでしょうか?

ここでは日常生活でよく見かける光景に隠れた運命的な意味合いについて紹介します。

■「シャツのボタンが取れる」には二つの意味がある

シャツのボタンは不思議なもので、どんなに使っていても取れないこともあれば、すぐに取れてしまうこともあります。

本書の著者で西洋占星術師の香椎美裕紀さんによると、ボタンは「金運」と「人とのつながり」の二つを象徴しているそう。

ボタンが取れるということは、金運を失う兆候であり、身近な人との関係に不安を抱いているサインでもあります。最近やたらとボタンが取れるという人は、お金の使い方が荒くなっていないか、大切な人をないがしろにしていないか、自分の行動を振り返ってみましょう。

■過去のパートナーから連絡が来るのは新しい出会いのサイン

何年も連絡を取っていなかった昔の恋人からある日突然連絡がくると、「もしかして、復縁したいのかな?」と考えたくなりますが、実はこれは逆で、あなたに新しい出会いが訪れる前兆なのだそう。

過去に一緒に過ごした誰かへの気持ちがまだ残っていないか、ヨリを戻したい誰かがいないか。昔のパートナーからの連絡は「めぐりあうべき相手がそろそろくるけど準備は大丈夫?」という運命の問いかけです。こんなことがあったら、心の準備をする意味でも、自分の気持ちを整理してみてはいかがでしょうか。

■ケンカやもめごとを目撃した時は要注意!

通勤中や繁華街で、まれに見かけるケンカやもめごと。たとえ自分に関係なくても、これもやはりあなたへのメッセージが隠されています。

香椎さんによると、ケンカを目撃するというのは、あなたにも人間関係についてのネガティブな出来事が起きるというサイン。あなた自身が誰かとケンカをすることを暗示しているケースも、誰かとの別れを示しているケースもあるそうです

同様に、火事も人間関係のトラブルを暗示しているため、目撃した時は自分の人間関係を見直してみるべきかもしれません。

「茶柱が立つ」「虹が出る」「くつひもが切れる」など、吉兆や凶兆を示す出来事には、古くから伝えられてきた有名なものが多くありますが、普段の生活で目にする身近な光景にも、あなたへのメッセージになっている現象は数知れずあります。

「リモコンの反応が悪いと家庭や家族に問題あり」「部屋に虫が入ってきたら、今考えていたことをストップしなさいというサイン」など、本書はそれらのメッセージが網羅されていますので、昨日見たあの光景、今朝あったこんな出来事にどんな意味があるのか、確かめてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

AIの発達で変わる生き方 最初にとって代わられる仕事とは

キャリアの足かせに?社会人になっても学生時代の「キャラ」に縛られる人

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。