ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新星シンガーソングライターmei ehara キセル辻村豪文プロデュースによる1stアルバム『Sway』をリリース

新星シンガーソングライターmei ehara キセル辻村豪文プロデュースによる1stアルバム『Sway』をリリース

新星シンガーソングライターmei eharaがキセル辻村豪文の初プロデュースによる1stアルバム『Sway』をリリースすることが発表された。

mei eharaは、may.e名義で、これまでに計5作の自主制作作品を発表。Yogee New Waves、nakayaan(ミツメ)などのアルバムにゲストコーラスで参加。音楽活動のほか、文藝誌「園」主宰、写真やデザインなどの制作活動も行うアーティスト。活動名をmei eharaと改め、11月に1stアルバム『Sway』でカクバリズムより本格デビューする。

静かに体を揺らしてしまうリズム、予測不能なのにキャッチーなメロディ、ミステリアスなボーカル、ポエティックで耳に残る歌詞。何度も聴いてしまう耐久性。作詞作曲はすべてmei ehara本人が担当。彼女の作り出す音楽とその世界観にシンパシーと、大きな才能を感じたキセルの辻村豪文が全面プロデュース。演奏もキセルのふたりが担当。

ゲストコーラス、フルートにmmm(ミーマイモー)が参加。レコーディング、ミックスエンジニアには中村督を、マスタリングは滝瀬真代を起用した、極上の1stアルバムが完成した。アルバムから、本日19時よりカクバリズムのサウンドクラウドにて収録曲「戻らない」のShort verが試聴開始されたので早速チェックしてみよう。

リリースに際し、キセルのふたりからのコメントも届いている。

———————————————————–

meiさんの宅録の塩梅に、なんとなく昔の自分のような
親近感を覚えて、何か手伝えるかもと思った次第です。
作るのけっこう大変そうやのに押しつけてくるものが全然なくて、
けれど頑にそこにあるという独特な感じが、なんかいいなぁと思ったのも大きいです。
吉と出れば幸いです。
アルバム発売おめでとう!
辻村豪文(キセル)

記念すべきファーストアルバムに微力ながら参加出来て嬉しいです。
みなさんのマイベスト棚に並ぶ事間違いなしです!
辻村友晴(キセル)

————————————————————

さらに、発売直後の11月11日には、原宿VACANTにてリリースイベントを開催。キセルをバックバンドに迎えた初の編成でのライヴを行うことも決定している。(岡)

・mei eharaオフィシャル・ウェブサイト
http://eharamei.com/

リリース情報
mei ehara
『Sway』
2017年11月8日発売
レーベル: カクバリズム
収録曲
1 戻らない
2 狂った手
3 サイン
4 蓋なしの彼
5 頬杖
6 道路
7 地味な色
8 毎朝
9 街の様子
10 冴える

ライヴ情報
mei ehara『Sway』リリースパーティー
11月11日(土)
会場 原宿VACANT
開場 16:00 / 開演 17:00 / 終演 19:00
前売 2500円 / 当日 3000円
出演
mei ehara (support by キセル) / and more…

TICKET INFO
TBA

新星シンガーソングライターmei ehara キセル辻村豪文プロデュースによる1stアルバム『Sway』をリリース
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy