「許さない」「監督をかえせ!」 たつき監督『けものフレンズ』降板でKADOKAWA代表取締役の『Twitter』が炎上

access_time create folderエンタメ
kadokawa_kemono

9月25日20時、アニメ「けものフレンズ」のたつき監督(@irodori7)が

突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です

とのツイートを行い、ネット上に激震が走った。

参考記事:『けものフレンズ』たつき監督が外れる! 『Twitter』でもトレンド1位に
https://getnews.jp/archives/1912876[リンク]

さまざまな憶測が飛び交う中、SNSは大荒れとなる。日本国内のみならず、国外でも大きな話題となっていたようだ。
そして、ファンの怒りの矛先の一部はKADOKAWAの井上伸一郎・代表取締役専務執行役員(@HP0128)の『Twitter』アカウントに向けられた模様。

井上氏が夕方に行ったツイートには、

「このセルリアンめ!監督を返せ! 」
「1番やってはならないことをした。フレンズはKADOKAWAを許さないだろうよ」
「貴社の商品を購入することは二度とないでしょう。どうか貴社に天罰が当たりますように 」
「どういう経緯でこんな狂った采配をされたのですか?艦これ、けもフレと2度続いて、もはやTwitter上で角川を支持する声はありませんよ。現場、顧客を完全に無視した采配をする会社に将来性を感じろという方が無理な話です」

などなど、批判の声が殺到し、炎上状態に。
なんとも「ドッタンバッタン大騒ぎ」な状況になってしまっているわけであるが、果たして今後の行方やいかに。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧