ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「○○で頑張ることに価値なんてない!」――マンガ『インベスターZ』の名言・5選

「○○で頑張ることに価値なんてない!」――マンガ『インベスターZ』の名言・5選

名作マンガは、読むリラックスタイムですら学びの時間に変えることができます。

リクナビNEXTジャーナルで連載している、「マンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス」では、大人気マンガである『インベスターZ』から、名シーンの1コマをビジネス視点で解説しています。

解説するのは、『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏氏。

今回は、これまでに掲載してきた「マンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス」シリーズの中から反響が大きかった5つの記事の明言を厳選し、ご紹介いたします。

『インベスターZ』のあらすじ

創立130年の超進学校・道塾学園にトップで入学した主人公・財前孝史は、各学年の成績トップで構成される秘密の部活「投資部」に入部します。そこでは学校の資産3000億円を6名で運用し、年8%以上の利回りを上げることによって学費を無料にする、という極秘の任務が課されているのでした…。

名言1:「株に限らず物事には出口戦略が絶対必要だよ」

投資部が創設されたのは、1人の天才数学少年の出現がきっかけ。主人公が先輩から見せてもらった、天才少年の「投資の格言ノート」には、「株ハ入口ニアラズ。出口ニアリ」と書かれていました。これが「出口戦略」です。

出口戦略とは、要は「得たい結果から考え、それを得るための方法を導き出す」こと。投資でもビジネスでも、「最も大きいのは実利や実損ではなく、機会損失である」ということはよく起こります。この見えにくいものを見ようとする人材や企業は、本当に強い存在なのではないでしょうか。


名言2:「このメーカーは消費量を増やすために容器の形状を変えていた!」

先輩から「幸運は1度しかこない。以後は投資についてイチから謙虚に学べ」と言われた財前。その言葉を受けて、徹夜で過去の株について調べます。ところがキャプテンの神代(かみしろ)は、一目見るなり財前のレポートをゴミ箱の中に放り込んでしまいます。

努力を認めてもらえず、意気消沈する財前。神代の行動の真意もつかめず、モヤモヤとした気持ちのまま家に帰ります。食事時になって、財前はあることに気づきます。それはいつも使っているマヨネーズでした。なぜかマヨネーズが、いつもより出がよくなっていたのです。そこには…?


名言3:「誘惑に負けるヤツ、ルールもロクに知らないのに首を突っ込むヤツは、結局はカモになるんだよ」

もともと、主人公の財前は自ら望んで投資部に入ったワケではありませんでした。先輩に導かれるまま地下室に入ると、そこでは投資部の先輩たちがマージャンをして遊んでいました。先輩たちの楽しそうな様子につられ、ルールさえ知らないマージャンに参加する財前ですが、先輩たちにコテンパンにやられてしまいます。

「自分はカモにされた」と抗議する財前に対し、投資部のキャプテンが言い放つのがこの名言。さて、ルールを会社で考えてみると、会社の評価がそれにあたります。そう、仕事で評価を上げるには、ルール(前提条件)を知っておかなければならないのです。カモにならないために、心しておきたい名言です。


名言4:「的外れなところで頑張ることに価値なんてない!」

私たちは、時間も、持っている力にも限界があります。自分が影響を与えられる範囲は自ずと限られており、だからこそ、自分の力をどこに投入するのがもっとも効果的なのかを考えなくてはなりません。

大事なことは、「本当に自分が得たいものは何なのか?」と自分に問いかけること。未来がどうなるのかは、今、この時の判断に委ねられています。成果が出ないとわかっていることは、勇気を持ってやめなければいけません。努力というのは「変えられないことを変える」ことに使うのではなく、「できることをもっと伸ばす」ために使うべきです。

インベスターZの中でも、心にグサリと来る名言です。


名言5:「投資はこれ…冷蔵庫と思え」

一瞬、何のことだかわからない一言。

「これだけの金額と投資先をどのように管理しているのか?」という財前の疑問に対して、神代が指し示したのが冷蔵庫でした。

「投資家は、優秀なシェフとなれ。優秀なシェフは食材の在庫管理がうまい。食材が常に新鮮であれば、料理の味も良くなり売り上げも上がる。そのためには、冷蔵庫の中身を常に把握し、食材を無駄なく使うこと。投資もこれと同じで、常に全体を把握し、取引に矛盾がないかを管理しなければならない」

これは冷蔵庫に例えた在庫管理の話です。そして在庫管理で欠かせないのが「現状把握」。すべての基本となる「現状把握から始める」ことの大切さが分かる名言です。

――いかがでしょうか。どの名言もビジネスシーン以外にも活かすことができそうです。ご紹介した名言以外もチェックしたい方は、こちらをご覧ください。

俣野成敏(またの・なるとし)

大学卒業後、シチズン時計(株)入社。リストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。31歳でアウトレット流通を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらに40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)と『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に12万部を超えるベストセラーに。近著では『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』が12刷となっている。著作累計は35万部超。2012年に独立後は、ビジネスオーナーや投資家としての活動の傍ら、私塾『プロ研』を創設。マネースクール等を主宰する。メディア掲載実績多数。『ZUU online』『MONEY VOICE』『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも寄稿している。『まぐまぐ大賞2016』で1位(MONEY VOICE賞)を受賞。一般社団法人日本IFP協会金融教育顧問。

俣野成敏 公式サイト

【関連記事】

→ 俣野 成敏氏の記事一覧

文:谷本

『インベスターZ』©三田紀房/コルク

関連記事リンク(外部サイト)

メールで「無駄なラリー」を生んでしまう人に足りない“2つの観点”――上阪徹の『超スピード文章術』
「仕事に追われている人」と「仕事を追う人」の決定的な違いとは?
目標設定に「漠然」を持ち込んではいけない

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。