体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メールで「無駄なラリー」を生んでしまう人に足りない“2つの観点”――上阪徹の『超スピード文章術』

仕事でもプライベートでも、文章を書く機会がどんどん増えている昨今。ところが、文章をめぐって、こんな思いを持っている人がいませんか?

「文章が苦手。書いている時間が辛い。メールも企画書もできれば書きたくない」

「最初の1行を書き出すまでに、ものすごく時間がかかる」

「文章がうまく伝わらない。しゃべって伝えることはできるのに」

「書き直しを何度も命じられて、いつまで経っても書き終わらない」

「数千字のレポートは、文字が埋まらなくて苦痛だ」

こうした人にこそ、ぜひ読んでいただきたいのが、著書『10倍速く書ける 超スピード文章術』が大きな話題になっている上阪徹さんの本連載です。メール、企画書、レポート、ブログ、SNSまで、実は誰も教えてくれなかった「大人の文書」のすばやい作り方を学べる、全5回です。f:id:k_kushida:20170921113556j:plain

ブックライター 上阪徹さん

上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売り上げは200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1カ月15万字」書き続ける超速筆ライター。

1966年産まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『10倍速く書ける 超スピード文章術』『書いて生きていく プロ文章論』『正常石井はなぜ安くないのに選ばれるのか』『成功者3000人の言葉』『リブセンス』『職業、ブックライター。』など。

言葉を見つけようとすると、むしろ伝わらなくなる

文章を「書く」のを邪魔している呪縛は「うまい文章を書こうとしてしまうこと」「言葉やフレーズを見つけようとしてしまうこと」。一般的な実用的な文章やビジネス文書で求められているのは、うまい文章などではなく「わかりやすくて、読者の役に立つ文章」であること。そして文章はそもそも「素材」からできており、素材にこそ目を向ければ文章は速く書けるようになること。前回、連載第1回では、こんな話をしました。

実は、うまい文章を書こうとして言葉を見つけようとすることは、むしろ伝わりにくい文章を作ってしまいかねない、という危険も潜んでいます。だからそんなことをする必要はないのだ、という実例を少しご紹介しておこうと思います。

私の書くキャリアのスタートは、会社の求人広告でした。そのときに新人のコピーライターが必ずやってしまうダメなキャッチフレーズがあったのです。これです。

「当社は、とてもいい会社です」

何がダメなのか、もうおわかりでしょう。もちろん、その会社はいい会社なのですが、これでは何も伝わってこないのです。このキャッチフレーズで応募する人はまずいないでしょう。しかし、新人コピーライターは、何か気の効いた言葉を探さないといけない、と考えて、この先も、どんどんドツボにハマっていってしまいます。

「当社は素敵な会社です」

「当社はイケてる会社です」

「当社は輝いている会社です」

「当社はカッコイイ会社です」

ちょっと例を極端なものにしてしまっていますが、要するにこれらはみな、会社を何か言葉を使って表現しようとしているわけです。そういう言葉を見つけようとするのに時間がかかる。それこそ私が駆け出しの時代、300字に1日かけていたのは、これが原因でした。しかも、むしろ言葉を見つけようとしてしまったために、何も伝わっていかなくなる。そんなことになりかねない状況にあったのです。

「素材」に目を向ければ、言葉を見つけようとする必要はなくなる

では、どうすればいいのか。端的に「事実」に着目すればいいのです。

「5年間、社員が一人も辞めていません」

「月に一度は、3連休を取れる制度があります」

「入社半年で課長に昇進する人もいます」

どうでしょうか。まるで印象が変わるのではないのでしょうか。メリットが具体的に浮かんできます。しかも、これらの言葉は、特に書き手が一生懸命に考えて、ひねり出した言葉などではありません。会社が持っていた「事実」なのです。それをそのまま、置いただけなのです。

求人広告を作る上で徹底的に鍛えられたのは、読者はいったい何に反応するのか、ということでした。「いい」「素晴らしい」といった、書き手がひねり出した言葉などではないのです。自分にとって響く事実、なのです。読者は、具体的な事実を知りたいのです。

読者にとって響く事実がちゃんとあるのに、きれいな言葉でまとめて表現してしまおうとするから、むしろ誰も反応してくれない文章が生まれてしまう。私は次第にこの事実に気が付いていったのでした。しかも、こういう大事なことを、大人になってから誰も教えてくれなかったことにも気づきました。

そして、この「事実」こそ、私が先に書いた「素材」のことです。この「素材」に目を向ければ、言葉を見つけようとする必要はなくなります。しっかりした素材を集め、それを文章として構成することができれば、それだけで十分に伝わる文章を作ることができるのです。

「素材」には、3つがあります。ひとつは「事実」、もうひとつは「数字」、そして「エピソード」です。先の会社の魅力の例が、まさにこれに当てはまります。「素材」さえあれば、文章を書くのに困りません。それを書いていけばいいだけだから、書くスピードも速くなります。では、この素材をどのようにしてピックアップしていけばいいのか。

正しい文章素材を集めるためには、2つのキーワードがあります。それが「真の目的」「一人ターゲット」です。

「真の目的」を理解できていないから、素材が浮かんでこない

f:id:k_kushida:20170921113930j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。