体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10分でわかる!投資の種類を簡単解説【超初心者向き】

10分でわかる!投資の種類を簡単解説【超初心者向き】

将来のことを考え、投資を始めてみようと思ったことはありませんか? でも投資と言っても種類もたくさんあるし難しそう・・・そんな投資超初心者の方へ投資の種類と、そのメリット・デメリットについてファイナンシャルプランナー(FP)が解説します。

おおいみほ
2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定AFP)。銀行にて、預金商品やローン商品、クレジットカード商品の商品企画・管理業務を経て、現在はウェブサイトなどで個人向けにマネーや税金、社会保険関連記事を中心に執筆中。また個人投資家としても活動中。

投資とは

© PIXTA

投資とは利益を得るために、金融商品や不動産、事業などでお金を動かすことです。投資したお金が減ってしまうリスクもあるため、ギャンブルのように考える人もいるかもしれませんが、投資はあくまでも計画的に資産を運用することが大切です。

 

投資の仕組み

投資で利益を得る方法は大きく分けて2つあります。

投資商品を売買して売買差益を得る方法(キャピタルゲイン)

投資商品を保有することで、配当金などの収入を得る方法(インカムゲイン)

 

投資と貯蓄の違い

投資と貯蓄の大きな違いは、投資には元本割れリスクがあり、貯蓄には原則として元本割れリスクがないことです。

投資の商品である株式や投資信託などは、値上がりして利益が出ることもあれば、値下がりして損が出ることもあります。リスクが高い金融商品は大きな利益を出す可能性も大きな損失を出す可能性も高く、「ハイリスクハイリターン」と呼ばれています。一方、リスクが低い金融商品は利益も損失もそれほど大きくないため、「ローリスクローリターン」と言われています。一般に、リスクとリターンは正比例しており、「ローリスクハイリターン」な投資商品はありません。

貯蓄の商品である銀行預金などは、元本1,000万円とその利息までは預金保険で守られており、元本割れリスクはありません。そのかわり、リターンは低く、銀行などの円定期預金の金利は年0.01%程度です(2017年8月現在)。資産を貯蓄ばかりで運用していると、インフレ率より預金金利が低いために、将来現金の実質的な価値が下がるインフレリスクがあります。

 

投資の種類とメリット・デメリット

続いて、日本国内で一般的な投資商品の種類と、メリット・デメリットについてご説明します。

 

国内株式

日本の上場株式の売買は証券会社に口座を作れば始めることができます。証券会社の中では売買手数料が安く、インターネットで簡単に取引できるネット証券会社がおすすめです。

一般に、株式の売買単位は「単元株」と呼ばれる株数(企業ごとに100株、1,000株など)で取引されます。単元株が100株で、株価が7,000円の企業の株式を買おうとすると、70万円の資金が必要です。単元株の購入だとまとまった資金が必要になるため、最低1株単位で取引ができる「ミニ株」と呼ばれるサービスを提供している証券会社もあります。

 
【メリット】

値上がり益がねらえる
株価が安いときに買って高いときに売れば売買差益が得られます。

 

配当金や株主優待がもらえる
企業の業績がよければ、決算期ごとに(年1回~2回)配当金(や株主優待)がもらえます。

 

インフレ対策になる
景気がいいと企業の業績もおおむね上がり、株価の値上がりや配当金の増額をもたらします。好景気時には物価が上がりインフレが進むのが特徴です。したがって、景気に応じて株価や配当金が上がる株式投資はインフレに強いと言えます。

 
【デメリット】

企業が多すぎてどの企業の株式を買っていいのかわからない
株は上場株式だけで何千とあります。銘柄選びに迷った場合は、なじみがある業界の企業、よく商品やサービスを利用している企業を選ぶとよいでしょう。

 

値下がりリスクがある
企業の業績が悪くなると、株価は値下がり、配当金も減額になったりゼロになったりします。

 

FX

© PIXTA

FXの正式名は「外国為替証拠金取引」といいます。「証拠金取引」とは、FX会社に証拠金という資金を担保に預け、預けた資金の何倍もの金額に相当する通貨売買取引をできる仕組みです。

FXで売買差益を出すには、外貨安(円高)のときに外貨を買って外貨高(円安)になったら外貨を売る、外貨高(円安)のときに外貨を売って外貨安(円高)になったら外貨を買い戻すという2通りの方法があります。証拠金取引ではのように「売り」取引から始めることも可能です。

FXはFX会社やFXを取り扱っている証券会社に口座を作れば取引が始められます。ほとんどの日本のFX会社・証券会社では、インターネットでの取引が可能です。

 
【メリット】

少額から投資ができる
FXの取引単位は1万通貨単位(例:1万ドル、1万ユーロ)が一般的ですが、FX会社・証券会社によっては、1,000通貨単位・100通貨単位・1通貨単位でも取引ができるため、数千円・数百円・数円の少額からでも取引が可能です。

 

取引通貨が限られているため通貨を選びやすい
上場株式は国内だけでも何千もの銘柄があり、自分の希望に合った銘柄を探すのが大変です。一方、FXは取引通貨の組み合わせ(通貨ペア)が10種類~20種類程度と少ないために、通貨ペアを選ぶのにそれほど手間がかからないというメリットがあります。なお、取引可能な通貨の組み合わせには、外貨⇔日本円のほかに、外貨⇔外貨の組み合わせも可能です。「一番なじみがある米ドル・円の通貨ペアにしよう」「値動きが激しい英ポンド・円がおもしろそう」など、いろいろな観点で通貨ペアを選べる楽しみもあるでしょう。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。