ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

月に隠れていたナチス軍が地球襲来 衝撃作『アイアン・スカイ』9月日本公開決定

アイアン・スカイ

月の裏側で息を潜めていたナチス軍が地球襲来。そんなキャッチー過ぎる設定からコアな映画ファンの間で話題を呼んでいる映画『アイアン・スカイ』。本国フィンランドで異例の大ヒットとなっている中、日本公開が9月に決定しました。

『アイアン・スカイ』は、「第二次世界大戦後、敗北したかに見えたナチス軍は、月の裏側に逃げ込んだ。そして2018年、地球を侵略しに帰って来る」という衝撃的なプロットで、フィンランド、ドイツ、オーストラリアが共同制作したSFサスペンス。

ベルリン映画祭でも空前の盛り上がりを見せ、目玉作品としてプレミア上映された。また、世界中の映画ファンからカンパを募り、その総額が約100万ユーロ(約1億万円)にのぼるという現象も起きています。

現在公開されているフィンランドでは、全米歴代3位のオープニング成績を記録し、フィンランドでも大ヒット中の『ハンガーゲーム』を抑え、そして同日公開となった『タイタニック 3D』と約2倍の差をつけて1位を獲得。

また、わずか2ケ月で800万回再生という注目度最高の予告編にも注目。日本での9月公開の他、本作は、すでに全世界70カ国での公開が決定。さらなる話題を呼ぶこと間違い無し!

http://gacchi.jp/movies/iron-sky/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy