体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

残念な人の資料は「行間」が意識されていない――Word活用法『行間の調整方法』

Word(以下、ワード)で文書を作ると、内容はよくても行と行の間隔が詰まって「何だか読みにくい」と感じることはないでしょうか。そんなときは、ワードの行間を調整する機能を使って読みやすい文章にしましょう。文章の見栄えが悪い、読みにくいと感じる人はぜひ試してみてください。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

【Word活用塾】行間を調整して見やすいワード文書を作るテクニック

ワードの行間とは、文字の大きさ+行と行の間にできる余白のこと

一般的に、行間とは文章の行と行の間にできる余白のことをいいます。しかし、ワードでは行の上部と次の行の上部までの間隔のことを「行間(または『間隔』)」と呼びます。一般的な行間と意味合いが異なるため注意してください。

ワードの行間とは「文字の大きさ+行と行の間にできる余白」のことです。(下記イメージ参照)

f:id:junko_one:20170911180531j:plain

そのため、フォントサイズを大きくするとそれに比例して行間が自動的に広くなります。逆に、フォントサイズを小さくすると行間は自動的に狭くなります。

なお、行間の設定で似たようなものに、「段落間」があります。

「段落間」とは、段落の前後に設定される間隔のことをいいます。デフォルトの設定では段落の前後の間隔は0行となっているため、段落間を広げるには自分で調整しなければなりません。間隔を設定しても行間が変わらないときは、この段落間に数値が入っていることが原因です。

行間を調整する

ワードで行間を調整するには以下の手順で行います。
行間を調整したい文章にカーソルをあて選択し、「ホーム」タブをクリックし「行と段落の間隔」アイコンをクリックします。 「1.15」~「3.0」までの任意の行間サイズを選びます。

f:id:junko_one:20170911181517j:plain

デフォルトでは、行の間隔は「1.0」に設定されています。選択する行間の数値が大きければ大きいほど行間は広がります。たとえばこの数値を「2.0」にすると2行分の行間になります。(下記イメージ参照)

f:id:junko_one:20170911182015j:plain

「行と段落の間隔」ボタン以外の方法でも文章の行間は調整できます。

1.「段落」ダイアログから行間を調整する方法

行間を調整したい文章を選択した状態で右クリックをして「段落」の右下にある矢印を選択してください。

f:id:junko_one:20170911182718j:plain 「段落」ダイアログの中にある「インデントと行間隔」タブを開いた状態で、「行間」と「間隔」の値を変更することで行間が調整できます。 f:id:junko_one:20170911183003j:plain

なお、「段落」ダイアログの行間のプルダウンを押すと表示される「1行」「1.5行」「固定値」「最小値」について、それぞれの意味をかんたんにご紹介しておきます。

【1行】

デフォルトで設定されている1行間隔です。

【1.5行】

1行目の上部から2行目の上部までの行の上限の余白が1.5倍のサイズになります。

【2行】

1行目の上部から2行目の上部までの行の上限の余白が2倍のサイズになります。

【固定値】

間隔をptで指定して固定することができます。通常、ワードではフォントサイズを変更すると、それにともなって行間が変更されます。しかし、行間を「固定値」にすればフォントサイズを変更しても行間は変更されなくなります。

【最小値】

どんなに小さいフォントサイズで文字を入力しても、常に間隔で指定した最低限の行間を保ちます。逆に、指定した行間隔よりも大きいフォントサイズで文字を入力すると、それに比例して行間は広がります。

【倍数】

「ホーム」タブの「行と段落の間隔」ボタンと同じです。「段落」ダイアログでは行間を指定できない3以上の数値を指定できます。

行間設定で差をつける

ワードの行間の調整は、文章入力前や漢字にルビ(ふりがな)をふった状態などさまざまな設定方法があります。よく使われる行間設定について一緒に確認していきましょう。

1.文章入力前に行間を設定する

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。