体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

会議資料などに「目次」を付けたいけど、どうすればいいの?――Word活用法『目次の設定方法』

Word(以下、ワード)で何十ページにも及ぶ長文を作るときに、内容を探しやすくするために目次を作ることがあるでしょう。しかし、目次を作ったあとに本文の内容を変更し、目次と本文の内容に差異が出てしまい修正に時間がかかってしまった…という経験はないでしょうか。今回は、ワードで目次を自動更新する方法をご紹介します。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

【Word(ワード)活用塾】目次は自動で作れる!作業を効率化する目次生成術 【目次】

まずは見出しの作成から!事前の設定方法

目次の作り方

目次設定で知っておきたいこと

└1. 目次の追加/修正と更新

└2. 目次の削除

└3. 目次の編集

└4. 見出しの左側に表示される黒い点を消す方法

まずは見出しの作成から!事前の設定方法

文章の一部を読みたいときに何十ページもある長文の中から、読みたい部分を探す作業は予想以上に手間のかかる作業です。検索機能で気になる単語を探し出す方法もありますが、必ずしも見たいページにたどりつけるとは限りません。また、印刷した後は検索機能も利用できませんね。そんなときに役立つのが目次機能です。目次があると文書の体裁がよくなる上、どの内容が何ページ目に掲載されているか一目でわかります。

1.まずは見出しを作る

文書に目次を作成する前に、あらかじめ目次にしたい見出しの設定が必要です。見出しの作成方法は「見出しのアウトラインレベル設定」と「見出しスタイルを設定」の2種類があります。

あらかじめ、見出しにしたい行をワードに入力しましょう。

2.見出しのアウトラインレベルを設定する

見出しにしたい行をクリックし、文字カーソルを入れます。複数の離れた行を、一度に見出しにしたい場合、Ctrlキーを押しながらドラッグで選択していきます。

見出しにしたい行をクリックし、文字カーソルを入れます。複数の離れた行を、一度に見出しにしたい場合、Ctrlキーを押しながらドラッグで選択 「参考資料」タブをクリックし、「テキストの追加」から見出しのアウトラインレベルを選択します。「レベル1」~「レベル3」のいずれかを選択します。 「参考資料」タブをクリックし、「テキストの追加」から見出しのアウトラインレベルを選択 選択すると、選択した文字のフォントサイズが変わり、見出しの左側に黒い点が表示されます。設定によっては表示されないこともあります。(下記のイメージ画像では「レベル1」を選択しています) 選択すると、選択した文字のフォントサイズが変わり、見出しの左側に黒い点が表示されます

3.見出しスタイルを設定する

見出しにしたい行をクリックし、文字カーソルを入れます。複数の離れた行を、一度に見出しにしたい場合、Ctrlキーを押しながらドラッグで選択し「ホーム」タブをクリックし、「スタイル」グループにある下向きの矢印をクリックします。

見出しにしたい行をクリックし、文字カーソルを入れます。 見出しのいずれかを選択します。(下記イメージでは、「強調太字」を選択しています) 見出しのいずれかを選択します。(下記イメージでは、「強調太字」を選択しています) これで、見出しのスタイルを選択できます。

目次の作り方

目次にしたい見出しを設定できたら目次を挿入します。
ワード文書内で目次を挿入したい位置にカーソルを移動しておきます。通常は、表紙の後などに挿入します。 「参考資料」タブをクリックし、「目次」ボタンをクリックします。 「自動作成の目次1」を選択すると、カーソルの位置に目次が挿入されます。

「自動作成の目次1」を選択すると、カーソルの位置に目次が挿入されます

挿入された目次内の見出しを、Ctrlキーを押しながらクリックすると、本文の見出しのある場所までジャンプします。Ctrlキーを押さずに見出しのある本文までジャンプさせることもできます。以下の手順を参考にしてみてください。

・Ctrlキーを押さずに目次から本文にジャンプさせる方法

「ファイル」タブの「オプション」をクリックします。 「Wordのオプション」ダイアログが開いたら「詳細設定」をクリックして「Ctrlキー +クリックでハイパーリンクを表示する」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックして、閉じます。 すると、目次内の見出しをクリックするだけで、見出しのある本文までジャンプできます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。