体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

驚きの格安クルーズ船、話題のコスタネオロマンチカをおすすめする5つの理由

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
海の上のイタリア、コスタクルーズが誇る客船「コスタ ネオロマンチカ」。驚きのリーズナブルな価格で、話題にのぼることも多いようですね。「クルーズ旅行にそういう料金で行けるなんて、本当?」

クルーズ旅行が大好きな筆者が、そんな、話題の客船に乗ったうえで、この「コスタ ネオロマンチカ」をおすすめする5つの理由をお伝えします。

『1泊1万円』も!?話題のリーズナブルな価格

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
筆者が「コスタ ネオロマンチカ」でのクルーズ旅行をおすすめする理由は、まず、なんといってもそのリーズナブルな価格にあります。

「あくまで目安だけど、割引を使えば、1泊あたり1万円くらいから乗れることもあるんだよ。しかも宿泊から食事、イベント、施設使用料も、基本的にはみんな含まれてる」

とまわりに話すのですが、ほぼ全員がびっくりしますし、絶対に信じてくれない人もいました。今はさらにお得に乗れる場合もあるようです。

いわゆる「オールインクルーシブ」というシステム。一部は有料です。

「イタリア」のインテリアや雰囲気が魅力的

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
「コスタ ネオロマンチカ」に乗船してまず印象的だったのが、インテリアでした。例えば「コーヒー&チョコレートカフェバー」のそれは、色があざやか。そうかと思うと、白を基調にした、まぶしく、エレガントなレストランがあったりで、最初からわくわくしました。

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
カプチーノが、さすがにおいしい! スイーツも美味。日本の一般的なスイーツとちょっと違って、はっきりした味でした。

「おいしいですね」と言って、私にサーブしてくれた人と話をすると、その人の意見がこれもはっきりとかえってきます。後ろでは、英語で他のスタッフ達が話をしています。

「まだ日本にいるのに、外国に来たみたい。ここで6日間を過ごすんだ」と期待が高まりました。

「イタリア」での買いもの、そしてショーが楽しい

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
「海の上のイタリア」の魅力はつきません。船内での買いものも楽しいです。

売っている指輪1つとっても、パーンと大きかったり、あるいは小さくても、なんだか凄くゴージャスで、イタリア女性の好みや心を垣間見た気分になれました。

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
そして素晴らしいショーの数々。これらも料金に含まれています。

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
ハイレベルなダンスから、爆笑もののコメディのショー、そして客のダンスの「指導」まで。シャイな日本人を一生懸命もりあげてくれるスタッフの姿が印象的でした。

下船の前日は、荷物を先に出すのですけれど、その中に翌日の着替えを入れてしまう人がたまにいます。そんなおっちょこちょいな人に、こちらでは、スーパーマンの衣装を貸してあげたことがあったそうです。

イタリアの人って、やっぱり、楽しむのが上手なんですね。

船だからこそ発見できた「日本」にも大満足!

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
ちなみに筆者が「コスタ ネオロマンチカ」に乗ったのは、2017年の5月です。「古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山(韓国)」という、5泊6日のコースでした。

金沢を出て境港、釜山(韓国)、福岡、舞鶴に寄港し、また金沢に戻ってくるというものです。

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
つまり、筆者が選んだツアーの寄港地のほとんどは日本です。「せっかく6日も使うのに、遠くに行けないのはもったいないかな」と思いましたが、これは全然違いました。

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
例えば、2日めに境港(鳥取)に寄港した時です。申しわけない話なのですが、筆者は正直いって、境港がどこにあるのか知りませんでした。

その次の日は韓国の釜山なので、その準備に追われて疲れているから、2日めは部屋で休んでいようかとも思いました。

【クルーズ】私が話題のコスタネオロマンチカをお勧めする5つの理由
けれど結局、「コスタ ネオロマンチカ」の寄港地観光ツアーで、出雲大社参拝のツアーに参加したのです。これは別料金ですけれど、車窓からの景色も美しく、何より、深く感動しました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。