ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「映画が好きなら見ないともったいない!」ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)&漫画家・種村有菜の溢れるマーベル愛

種村有菜、ハマ・オカモト

人気漫画家の種村有菜さん(『神風怪盗ジャンヌ』ほか)が、注目の男性とマーベルの魅力を語り合う連載第3弾! 第3回のゲストは、4人組ロックバンド「OKAMOTO’S」のベーシストであり、映画好きとしても知られるハマ・オカモトさん。初対面のおふたりに、いよいよ9月6日(水)にMovieNEXが発売となる最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』について、たっぷり語ってもらいました。

【種村有菜】プロフィール
漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は『31☆アイドリーム』を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』アニメ版ではキャラクター原案を手がける

【ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)】プロフィール
ミュージシャン。中学校の同級生で結成された4人組ロックバンドOKAMOTO’Sのベーシスト。2010年に『10’S』をアリオラジャパンよりリリース。OKAMOTO’Sは2017年8月に最新アルバム『NO MORE MUSIC』をリリース。10月にはアルバムを引っ提げ、全国23か所を回るツアー「OKAMOTO’S TOUR 2017-2018 NO MORE MUSIC」を開催予定。

ハマ・オカモト

―おふたりともマーベル映画の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』を既に見てらっしゃるということで、ご感想を教えてください。

ハマ:予告編を見たときは、第1作よりバラエティ路線に寄りすぎているのかも?と思ったのですが、本編を観たら結果オーライで、楽しく鑑賞できました。マーベル映画のヒットが続いて、これだけ世界中から注目されている中、続編もきちんと面白いってすごいことだなと。監督のジェームズ・ガンの才能を感じます。

種村:テンポが良く、最初から最後まで捨てネタがなくて隅々まで身が詰まっているという感じでした。ガン監督のキャラクターゆえかもしれませんが、マーベルのシリーズの中でも、一番“男の子”っぽい映画ではないかと。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88_1

ハマ:たしかに。物語も、主人公のピーターとその父を中心に展開しますし。お父さんの名前が“エゴ”という時点でもう……(笑)。

種村:良いお父さんのわけがない(笑)。

ハマ:父子間の葛藤は描かれますが、エゴはものすごく分かりやすい“悪”だし、ここまでぶっ飛んでいると、アイアンマンことトニー・スタークとその父の確執のようにシリアスに構えずに見られます。そして、育ての父に当たるヨンドゥがよかった。僕はヨンドゥ役のマイケル・ルーカーに注目していたのですが、種村さんはキャストで誰が気になりますか。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88_2

種村:やっぱり主人公のピーターを演じる“クリプラ”ですね。俳優としてはマーベル映画の中で、一番好き。お父さんのエゴと戦うシーンなんか、かっこいい!と惚れ惚れしました。私の中では彼が出ているだけで80点はつけられるんです。

ハマ:クリス・プラットを“クリプラ”と呼ぶんですね。そして、基礎点が高い(笑)。

種村:80点から作品として評価して加算していくので、もう大変ですよ。100点はゆうに超えちゃいました!

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88_3

――『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』はサントラ盤CDも発売され、ヒットしています。映画で流れる懐かしの洋楽ナンバーをどう思いましたか?

ハマ:第1作のときは、70年代の音楽を集めたサントラが評判になりましたが、僕は今回の『―リミックス』のサントラの方が好きです。第1作のサントラより洋楽ファン向けかもしれない。サントラ盤6曲目の『サザン・ナイツ』(グレン・キャンベル)は、ピーターたちが敵に追われる場面でかかっていました。ロケット(宇宙最凶のアライグマ)がこの曲をイヤホンで聴きながら敵をどんどん撃っていくという、ノリノリで(笑)。

%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88_4
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。