ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヴィトンの財布ならタイガ。で、高級車ブランドならどれを選ぶのがイマドキVIP?

▲ルイ・ヴィトンの長財布というとイラストのような「モノグラム」が頭に浮かぶかもしれませんが、今、好感度が高いのは「タイガ」という地味な柄なんです。このトレンドは、あなたの車選びにも大きく影響するのかもしれません

▲ルイ・ヴィトンの長財布というとイラストのような「モノグラム」が頭に浮かぶかもしれませんが、今、好感度が高いのは「タイガ」という地味な柄なんです。このトレンドは、あなたの車選びにも大きく影響するのかもしれません

「わかりやすい高級品志向」はもはや古い?

超資産家の持ち物は意外と地味で質素だとも聞きます。しかしここ最近になってまあまあのお金が稼げるようになった人……具体的には額面年収600万~800万円ぐらいに達した人でしょうか、そういった人は「これ見よがし」なブランド物の購入に走りがちです。

例えばですが、普段持ち歩く財布はルイ・ヴィトンの長財布で、その柄は遠目からもわかりやすいモノグラム(LとVの文字が組み合わされたアレ)。さらに腕にはロレックスをはめつつ、もしかしたら何らかのハイブランドの大きなロゴが入った上着を着てるかもしれません。

それはそれで悪くないと思います。ハイブランドの製品はイメージだけでなくモノも大変良好ですし、そういった製品を買える立場になった自分のことを、周囲にアピールしたくなる気持ちもよくわかります。やはり「記号性」は大事ですから。

ですがそういった購買行動は今、あまり流行ってないことは知っておいた方がいいでしょう。

「そうなの? ヴィトンの長財布ってもうダメなわけ?」と言う人もいるかもしれませんが、そうではありません。相変わらずメンズのヴィトン長財布は人気ですし、女子界隈からも大好評です。

しかし女子界隈や感度の高い男性の間で人気なのは、わかりやすいモノグラムのアレではなく、一見すると単に地味なおサイフにも見える「タイガ(Taiga)」のヴィトン製長財布なのです。

▲これがルイ・ヴィトン「タイガ」の長財布。ルイ・ヴィトンのロゴがワンポイントで入ってはいますが、全体としては地味とも言える、細かな型押しが施されているシックなラインです

▲これがルイ・ヴィトン「タイガ」の長財布。ルイ・ヴィトンのロゴがワンポイントで入ってはいますが、全体としては地味とも言える、細かな型押しが施されているシックなラインです

今、高評価なのは「さりげなく高級」であること

……前章ではオブラートに包んだような言い方をしましたが、ハッキリ言っちゃいましょう。今、VIPになりたいなら、あるいは少なくとも「そう見られたい」なら、選ぶべきは間違いなくモノグラムではなくタイガです。

なぜならば最近はタイガ的価値観、つまり「一見フツーな感じなんだけど、よく見ればかなりの高級品であることがわかるアイテムを、さりげなく身に着ける」という価値観が、リアルVIPたちの間では主流だからです。「これ見よがし」はちょっと古いんですね。

▲これを持つのが悪いわけでは決してありませんが、若干の「今さら感」を持って見られてしまうケースもあることは、現代人の基礎知識としていちおう知っておくべきかと

▲これを持つのが悪いわけでは決してありませんが、若干の「今さら感」を持って見られてしまうケースもあることは、現代人の基礎知識としていちおう知っておくべきかと

これと似た潮流は他ブランドにおいても同様です。

独特の格子柄で有名なバーバリーをハイブランドと呼ぶべきかは微妙ですが、あのバーバリーの格子柄も最近は外に見せるアイテムに用いるのではなく、あくまでもコートなどの裏地からチラリと見えるだけに抑えるのがおしゃれとされています(まぁバーバリーのアレはそもそも裏地用だったので原点回帰とも言えますが)。

またその他、「名の通ったハイブランドよりも、無名だけど、素材と縫製にこだわりまくってる小規模アトリエが作ったジャケットを着てる人の方が、逆にエライ」みたいな潮流もあります。

では「タイガ的高級車」とはどれのことか?

前置きが長くなってしまいましたが、今がそういった時代であるならば、その目線を車選びにも流用しない手はありません。

や、「車は近所の買い物と子供の送迎に使えればそれで十分」と考える人は別ですが、なるべくステキな車に乗って、できれば(いわゆるVIPカーという意味ではなく)VIPっぽく見られたいと考えている人は、わざわざ車名は挙げませんが「わかりやすい有名ブランドの大型セダン」とかに乗ってる場合ではありません。今すぐ買い替えましょう。

しかし「モノグラムではなくタイガ的な車」とは、いったいどんなモデルなんでしょうか? ……ともに考えてまいりたいと思います。

まず有力候補となるのがメルセデスAMGの現行Eクラスセダン、E43 4マチックです。

▲メルセデス・ベンツ Eクラスの刷新に合わせて16年10月に登場したメルセデスAMG E43 4マチック。専用開発された3L V6エンジンは最高出力401psを発生します。中古車は総額1000万~1100万円ぐらいが目安

▲メルセデス・ベンツ Eクラスの刷新に合わせて16年10月に登場したメルセデスAMG E43 4マチック。専用開発された3L V6エンジンは最高出力401psを発生します。中古車は総額1000万~1100万円ぐらいが目安

AMGというのは、今さら説明するまでもありませんがメルセデス・ベンツの超高級&超ハイパフォーマンス版。歴代AMGモデルはどれも車として大変素晴らしいですし、「裕福な人間に見られる」という記号性も重要なポイントとなる車です。

しかしちょっとした欠点もあって、それは「エクステリアがこれ見よがしである」ということです。比較的派手な純正エアロやごっついエアダクトなどは、もちろんその性能に応じた合理的なものなんですが、昨今の目線で見ると少々「これ見よがし」に過ぎるきらいもあります。まるで「全身モノグラムの人」みたいな……。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy