ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】星野源『Family Song』、前作からの売上伸び率が最も高い都市は?

【深ヨミ】星野源『Family Song』、前作からの売上伸び率が最も高い都市は?

 2017年8月28日付のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”では、星野源の10thシングル『Family Song』が首位を獲得した。

 8月16日にリリースされた『Family Song』は、初動3日間で155,502枚を売り上げ、その後約4万枚伸ばして、初週累計売上193,599枚となった。9thシングル『恋』の初週累計売上は82,394枚で、自身最大のヒット作となった前作の倍以上となる初週累計売上を記録した今作。それでは、前作からの売上の伸び率が最も高かった都市はどこなのか。SoundScan Japanの都道府県別セールス・データを抽出し、上位10位までを並べてみた。

1位:愛媛 304%増
2位:和歌山 116%増
3位:高知 96%増
4位:福井 94%増
5位:鹿児島 92%増
6位:長崎 91%増
7位:徳島 90%増
8位:宮崎 89%増
9位:新潟 85%増
10位:長野 82%増

 トップ10内に四国から3都市がランクインした。そして鹿児島や長崎、宮崎といった九州地方からも3都市がトップ10入り。首都圏から離れている都市が多く上位に入っているので、それだけCDを購買するユーザーが全国的に増加したのだろう。総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”を見てみると、「恋」大ヒットの最大の要因となった動画再生では10位で伸びしろアリなので、今後「Family Song」を「恋」のようなロング・ヒットにつなげるには、デジタル領域をいかに制するかがカギとなりそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

「Family Song」は「恋」を超えられるのか?! 星野源の強さに迫る【Chart insight of insight】
【ビルボード】星野源「Family Song」が3冠で総合首位獲得、DAOKO×米津玄師「打上花火」はダウンロード&ストリーミング&動画再生で1位に
【ビルボード】星野源『Family Song』193,599枚を売り上げシングル・セールス首位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy