ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうしても皿をなめたくなる?千葉名物「なめろう」をフカボリしてみた

f:id:Meshi2_Writer:20170824165032j:plain

メシ通読者のみなさん! 「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」最新号をぜひお手に取ってみてください。

f:id:Meshi2_Writer:20170824165555j:plain

「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」というコーナーが今月から始まりました!

毎月1県を決めて、その地ならではの食べものを紹介するコーナー。これ、メシ通と連動企画なんですよ。メシ通では誌面で伝えきれなかった部分も含めて、より深ーく紹介します。第1回目は千葉の名物料理「なめろう」をフカボリします。

f:id:Meshi2_Writer:20170808130857j:plain

「なめろう」といえば居酒屋さん好き、日本酒好きならご存知でしょうか。アジなどの魚を細かくたたき、味噌やショウガで味つけしたもの。千葉県南部の名物料理で、もともとは漁師の料理と伝わります。

語源としてよく言われるのは、「皿をなめたくなるほどうまいから」というもの。たたくと粘り気が出て皿に残るので、どうしても皿をなめたくなっちゃうんですよ(笑)。実際なめる人も多かったんだろうな。

ただ『たべもの起源事典 日本編』(岡田哲、ちくま学芸文庫)をひもとくと、「なめみそ:酒の肴や副食物とする味噌の総称」という項があります。漢字で書くと「嘗味噌」で、嘗(なめ)は「すぐ食べるもの」が語義とか。

元来、味噌にさまざまな具材を加えたものを「なめみそ」と言っていたようですから、ここから派生した言葉とも思えますね。

簡単「なめろう」レシピ

f:id:mesitsu:20170822123023j:plain

さて口上が長くなりました。この「なめろう」、けっこう簡単なんですよ。アジの刺身が安いときなど、ぜひ手づくりなめろうにチャレンジしてみてほしいです。

※ちなみにこの日、我が近所のスーパーでは写真の1パックで380円でした!

f:id:Meshi2_Writer:20170808130626j:plain

【材料】2人分 アジの刺身 130g
味噌 大さじ1 ネギ 1/2本 おろしショウガ 小さじ1 酒 大さじ1

※味噌は仙台味噌系がよく合います。キリッとした塩からさのある味噌を選んでください。

今回は料理ビギナーズに向けて、ごくごく簡単なやり方を紹介しますね。

f:id:Meshi2_Writer:20170808130714j:plain

1:まず、刺身を細かく切っていきます。

f:id:Meshi2_Writer:20170808130727j:plain

2:こんな感じ。さらにここからたたいていくんですが、私はつぶだった感じを残したいのであまり細かくはしません。しばらくたたいて、適度に粘り気が出ればOKです。

※便宜上「たたく」という表現を使っていますが、玉ネギなどを粗みじんにするような感じで切ってください。実際にたたく場合は、出刃包丁のようにしっかり重みのある包丁じゃないとやりにくいです。あせらず、細かく切ってはまとめてを繰り返していくといいですよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170808130743j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。