ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

留学必修の学部・学科を目指す高校生は、学費にプラスして発生する費用に要注意!

最近、大学の一部の学部・学科で、海外留学を全員必修とするケースが増えている。

 

留学をしないと必要な単位が足りず、卒業させてもらえないのだ。

 

例えば2017年に誕生した、昭和女子大学の国際学部英語コミュニケーション学科では、1年次後期から2年次後期までの間に、アメリカにある昭和ボストンへの留学を必修としている。

 

同国際学科も、2年次後期での留学が必修。

 

早稲田大学は国際教養学部で、日本語を母語とする学生は、1年間の海外留学が必須。世界各国の約300以上の大学等から留学先を選ぶことができ、アメリカに行く学生が圧倒的に多い。

 

近畿大学も、国際学部の全員が1年間留学。専攻やコースによって、行き先はアメリカ、中国・台湾、韓国に分かれる。

 

とりあえず、「国際」と名のついた学部・学科はチェックが必要なようだ。

 

留学必修の学部学科は学費の増加に要注意!

 

そのほか、「英語」と名のつく学部・学科で留学を必修とする場合があるほか、玉川大学の観光学部のように、「国際」「英語」がつかなくても留学を義務づけている学校もある。

 

ここで気をつけたいのが費用の面。

 

留学費用を計算に入れず、通常の授業料等だけで試算していると、入学後に「学費が足りない!」ということも。

 

留学必修の学部学科は学費の増加に要注意!

 

金額的にもかなり大きく、例えば近畿大学は国際学部グローバル専攻必修のアメリカ留学の場合、授業料や生活費、渡航費などで、およそ205万〜280万円かかるとしている。

 

この間は近畿大学の学費約130万円は免除されるものの、最大で150万円余分にかかるということだ。

 

現在、大学生で何らかの奨学金を受け取っている人の割合はおよそ半数。

 

そのほとんどが、「貸与型」といわれる、卒業後に毎月返済していく種類のものだ。

 

日本学生支援機構の奨学金の場合、月々3万~12万円内で決まった金額を借りることができ、例えば「月々3万円を借りていたけれど、足りないから月々5万円に増やす」ということも可能。

 

ちなみに返済期間は最長で卒業後20年となる。

 

奨学金で学費をまかなっている場合、留学費用が足らなくなり、借りる金額を増やすというケースもあるそうだ。

 

なお、返済不要の給付型奨学金を独自に設けている大学もある。

 

もちろん一定の成績をクリアしないとならないが、かえって勉強のモチベーションアップにもつながりそうだ。

 

留学必修の学部学科は学費の増加に要注意!

 

いずれにしても、留学必修の学部・学科に進学したい人や、必修ではなくても留学を考えている人は、志望校を決める前に費用についてじっくり考えたり、保護者に相談したりしよう。

 

奨学金についても、学校に早めに問い合わせたほうが対策が立てやすい。

 

投稿留学必修の学部・学科を目指す高校生は、学費にプラスして発生する費用に要注意!は【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信の最初に登場しました。

関連記事リンク(外部サイト)

「想像と違った」という人が6割以上!? 大学生の学部選び失敗談!
19歳で路上ライブ1000回を達成! 川嶋あいに聞く、高校時代の夢の追い方
ちゃんと知っておきたい! 返さなくていい「給付型」奨学金

スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy