ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これが牛丼のルーツ!? 岡むら屋の「肉めし」のビジュアルに驚愕(きょうがく)した

f:id:Meshi2_IB:20170622140121j:plain

こんにちは。メシ通レポーターの鷺ノ宮やよいです。

吉野家、すき家、松屋……牛丼が食べたくなったら気軽に行くことができる大手チェーン店がちまたにはたくさんあります。

けれど、「牛丼の原型」を名乗りながら、こうしたお店とは一線を画した独自の牛丼を出すお店があるのを皆さんはご存じでしょうか?

f:id:Meshi2_IB:20170622140101j:plain

それが秋葉原と新橋に店舗をかまえる「岡むら屋」

これを見てください。知ってる牛丼じゃないでしょ? どこが牛丼なんだ、と。

でも、そもそも「牛丼の定義」って……なに?

「牛丼」を辞書で調べてみたら

f:id:Meshi2_IB:20170622140046j:plain

牛丼の定義」ってなんなのか、ということでまずは辞書で調べてみました。

三省堂大辞林によると、牛丼は「『牛飯(ぎゅうめし)』に同じ」とあり、続いて牛飯を見てみると「牛肉をネギなどと煮て、汁とともにどんぶり飯にかけたもの。牛丼」と書いてあります。

そのほか調べた情報を合わせてみると、 使うのは牛肉とタマネギなど 味つけは甘辛く 調理方法は煮込む

といった点も「牛丼の定義」といえそう。

果たして「岡むら屋」の「肉めし」はこれらの条件を満たしているんでしょうか?

ビジュアルがスゴい! 「岡むら屋」の「肉めし」

f:id:Meshi2_IB:20170622140107j:plain

こちらが「岡むら屋」の「肉めし」(490円)。

牛肉とタマネギが使われているのはわかりますが、私たちが抱いている牛丼のイメージとはずいぶんかけ離れていますよね。

f:id:Meshi2_IB:20170622140114j:plain

続いてこちらがお店で一番人気という「デラ肉めし」(590円)。

ノーマルな「肉めし」に大根と煮卵が追加でトッピングされています。

f:id:Meshi2_IB:20170622140158j:plain

そしてさらに豪華になったこちらが「ねぎ玉デラ肉めし」(710円)。

「デラ肉めし」にねぎと生卵をトッピングしています。

使ってるのが角切り肉……? 牛丼に大根!?

薄茶色した長方形の物体はなんなのか?

千鳥のノブなら「クセがすごい!」とツッコんでそう。

なんというか、ビジュアルのインパクトがありすぎる。

とりあえず「ねぎ玉デラ肉めし」をいただきながら見ていきましょう。

味つけのポイントは「味噌」!?

f:id:Meshi2_IB:20170622140139j:plain

まず味つけについて。食べてみると、甘辛いんだけどふだん私たちが口にしている牛丼の味つけとは根本的に違うことがわかります。

具材にしっかりと味が染み込んでいて濃厚な感じ。

ここで「岡むら屋」秋葉原店・店長の早川さんにお話を聞いてみました。

f:id:Meshi2_IB:20170622140211j:plain

「味つけは砂糖やしょう油などすき焼きの割下に似たベースではあるんですが、合わせ味噌を加えているんです。さらに肉の臭みを消すために生姜やニンニクも入れてますね。なので意外とさっぱりと食べられると思います。」

なるほど。

味噌が入っていることで「どて煮」っぽい濃厚さがあるものの、こってり脂っこくなりすぎないのは生姜やニンニクが効いているからなんですね!

1 2次のページ

グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy