ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京ゲームショウ2017】自分の顔をスキャンしてアバターを作ってきた 

collage

9月21日から24日にかけて幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2017』。自分の顔をスキャンしてアバターが作れるブースを体験したので、ご紹介する。

img_7096

韓国の研究企業『ELROIS』ブースでは、スキャンボットで全身をスキャンし、自分の姿のアバターが作成できる。360°全身を2~3分程スキャンするだけ。

img_7140

ブースが混み合っていたので、アバターができあがるまで30分程かかったが、完成度の高さはピカイチ。Tシャツの「ガジェット通信」ロゴまで完璧に再現されていた。

img_7155

アバターはダンスをさせて遊ぶことができる。ノリノリに踊っている自分のアバターの姿を見るのはかなりシュール……。 

img_7137 ul5r44pw9dsw

『EmbodyMe』ブースでは顔写真から3Dモデルを作成し、人と話しているかのようなVR体験ができる。手や身体の動きをVR内のアバターに反映し、しゃがんだり、表情を変えることも可能。口の動きまで再現できて、まさにその人がその場にいるかのよう。アバターの顔色が悪いような気もするが……雰囲気はしっかりとらえている。

img_7312

髪型や衣装は自由に変更可能で、顔写真1枚から著名人や友人のアバターを作ることも。

img_7288

他のユーザーとのコミュニケーションも可能で、自撮りをしたり、ダーツゲームなどもできる。

どちらも今後の実用化が楽しみのブースだった。遠くない未来、ゲーム内のギャルゲ主人公や勇者が自分の顔になっちゃうかも。

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy