ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンカー・ジャパンがモバイルバッテリー2製品を発売 Power Delivery入出力対応の『PowerCore+ 26800 PD』とQuick Charge 3.0入出力対応の『PowerCore Speed 20000』

アンカー・ジャパンがモバイルバッテリー2製品を発売 Power Delivery入出力対応の『PowerCore+ 26800 PD』とQuick Charge 3.0入出力対応の『PowerCore Speed 20000』

アンカー・ジャパンは8月14日、モバイルバッテリー2製品を発売しました。

powercore2620_2 powercore2620_3

『Anker PowerCore+ 26800 PD』は、容量26800mAh。Power Delivery対応で入出力可能なUSB Type-Cポート1基と、USB Type-Aポート2基を搭載します。最新のMacbookを含むUSB Type-C搭載ノートパソコンに急速充電ができるほか、USB Type-AポートではAnker独自の“PowerIQ”によりスマートフォンやタブレットの急速充電が可能。

powercore2620_4 powercore2620_5

USB Type-C対応のACアダプター『PowerPort Speed PD 30』が付属し、USB-C&USB-Cケーブルで本体と接続すると約4.5時間で満充電が可能。これは従来の同容量のモバイルバッテリーの3倍の速さに相当します。

『Anker PowerCore+ 26800 PD』の価格は9999円(税込み)。

『Anker PowerCore+ 26800 PD』主な仕様
容量:26800mAh
Power Delivery入力:5V/3A、9V/3A
Power Delivery出力:5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.25A
通常出力:5V/3A(1ポートにつき最大3A)
サイズ:約180×80×24mm
重さ:約580g
特記事項:
・HTC 10 と HP Spectre には対応しておりません。
・MacBook Pro、Samsung W700、Lumia 950 へはフルスピード充電ができません。
・USB-C ポートでの出力の際は、接続前に LED Power Wheel ボタンを押してください。
・Nintendo Switch が HDMI 接続されている場合は、充電できません。

powercore2620_6 powercore2620_7

『Anker PowerCore Speed 20000』は、“Quick Charge 3.0”の入出力に対応した、前モデル『Anker PowerCore Speed 20000 QC』のコンパクト化&アップグレードモデル。サイズは前モデルより約30%小さくなり、容量は20100mAh。従来の約2倍の速さで本体の充電が可能なほか、“PowerIQ”と“VoltageBoost”により、Quick Charge非対応の端末にも急速充電が可能。

『Anker PowerCore Speed 20000』の価格は4599円(税込み)。

『Anker PowerCore Speed 20000』主な仕様
容量:20100mAh
Quick Charge 3.0入力:5-7V/2A、7-9V/2A、9-12V/1.5A
Quick Charge 3.0出力:5-8V/3A、8-10V/2.4A、10-12V/2A
通常出力:5V/2A
サイズ:約166×62×22mm
重さ:約369g
特記事項:
・Asus ZenFone 3への急速充電には対応していません。
・ライトニングUSBケーブルは別売りです。

Ankerの新モバイルバッテリー『PowerCore+ 26800 PD』&『PowerCore Speed 20000』(YouTube)
https://youtu.be/QpqYnh9Rek8

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy