体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高校2年で芸人になろうと決意! 小籔さんに聞く「誰かのために頑張る生き方」

「もう部活をやめたい」

「大学進学をあきらめようかな」

って、くじけそうになったことはない?

 

今回は、何度も芸人をやめようと思ったけど、応援してくれる仲間や家族のために、「あと1年だけ…!」「もう少しやってみよう…!」と何度もふん張り続けてきた小籔千豊さんにインタビュー。

 

下積み8年から、吉本新喜劇に入団して約4年という異例の早さで座長に大抜擢されるまで、どうやってモチベーションを維持してきたのか、話を聞いてみた。

 

高校2年で「舞台に立ってみたい」と芸人の道へ

 

 

ーー小籔千豊さんは、どんなきっかけで芸人になろうと思ったの?

「高校2年の時、何か好きなことをしたいと考えていて、心斎橋筋2丁目劇場で舞台を見たら、全然おもしろくない芸人さんが出ていたんですよ。

 

小学生のころから、なんばグランド花月に通うくらい、お笑いが大好きでしたが、一生の仕事ではないと思っていましたし、お笑いを野球選手の球のスピードに例えると、150kmを超える剛速球を投げられないとプロの芸人になれないと考えていたんです。

 

自分では120kmなら出せる自信がありましたが、150kmなんて到底ムリ。

 

ところが、90kmしか投げていないヤツが劇場に出ていた。

 

ぼくのあこがれの神聖な舞台に、なんでおもろないヤツが立ってるんだ。

 

そんなんでいけるんやったら、自分の速球がどこまで通用するか試してみよう、と決心。

 

でも『芸人になりたい』というより、『舞台に立ってみたい』『大好きなバッファロー吾郎としゃべりたい』『テレビも1回くらい出れたらいいかな』、そんなノリでしたね」

 

 

軽い気持ちで芸人への道を歩み始めた小籔さん。

 

そのころから「どうせすぐやめるんやろな」と思っていたというから意外だ。

 

趣味や大学のサークル気分で、お笑いの仕事をしていた

 

 

高校2年の後半に、中学からの友達とコンビを結成。

 

漫才のネタを書き始めた小籔さん。

 

高校卒業後は、NSC(吉本総合芸能学院)に一緒に入学して、コンビを続けた。

  「オーディション番組で合格したり、同期の中では上位の評価を受けていたので、NSC卒業後もダラダラ続けていったという感じで、将来のことは何も考えていなかったんです。

 

漫才をしてギャラをもらっても、仕事とはとらえていなくて、趣味や大学のサークルの感覚で毎日を楽しく過ごしていました」

 

一方、この時のプライベートはというと、19歳から付き合い始めた彼女と、21歳の時に結婚の約束をした。

 

しかし、芸人としてなかなか本気モードになりきれなかったので、当然、生活は安定せず、結婚できないまま8年が過ぎていった。

 

結婚するため芸人をやめようとしたら仲間たちが大反対!

 

そんなある日、相方から突然、「漫才をやめて、構成作家になりたい」とコンビ解散を告げられた。

 

  「ほんなら自分も芸人をやめよう。

 

長いこと待たせている彼女と結婚して、ちゃんと稼げる仕事に就こうと迷わず決めたんです」

 

彼女にプロポーズをすると、「ほんまに芸人やめてええんか? 40歳くらいになった時に、まだやっとけばよかったって言うんちゃうか? 続けてええで」と言われたものの、小籔さんの決心は変わらず、本気で職探しを始めた。

 

 

ところが、やめることを内緒にしていた芸人仲間に知られてしまい、たくさんの人から猛烈に引き留められた。

  「同期も、先輩も、後輩も、みんなで『やめるな』って。

 

たむらけんじは『引き留めたはいいが、結局売れへんかったらかなわん。

 

だからオレは今まで、世界のナベアツさんしか引き留めていない。

 

でも、お前は絶対に売れるから、やめるな』と言ってくれた。

 

FUJIWARAの原西さんは『お前の相方は、ほんまアホやな。オレやったら絶対に解散せえへん。お前は金になるからや』と、あんなにおもしろい人が自分を認めてくれたんです。

 

ある時は、野性爆弾のロッシーから家で飲もうと誘われ、シャンプーハットの小出水も終電で来て、翌朝5時には仕事へ行くというのに寝ないで、『やめたらダメです。小籔さんは絶対に売れます。やめたら困ります』と説得してくれた。

 

芸人同士はライバルでもあるし、ぼくが続けても、こいつらに何のメリットもないはず。

 

なのに、そこまでして引き留めてくれる仲間に囲まれていたと気づいたら、やめたくないと思ったんです。

 

お笑いには自信がなかったので、芸人を続けたいというより、こんなええやつらと離ればなれになりたくないという気持ちでした」

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。