ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

達人バーテンダーに聞く「おいしいレモンサワーを作るための黄金比率」とは?

f:id:Meshi2_Writer:20170710173827j:plain

ここ数年で広がるばかりのレモンサワーブーム。 すっかり幅広い世代の人気ドリンクに変わりましたねえ。どうも、メシ通レポーターの白央(はくおう)です。

レモンサワーといえば完全に「居酒屋さんの飲み物」というイメージでしたが、最近では晩酌やホームパーティで「自作して楽しむ」人も増えているよう。

そこで、ですね。

「レモンサワーをおいしく作るコツ」を研究しているバーデンダーさんがいるんです。さっそく、そのポイントを教えてもらいました。

◇講師はこのかた

f:id:Meshi2_Writer:20170719154546j:plain

藤村公洋(ふじむら きみひろ)さん。

バー業界に入ってもうすぐ30年。料理家としても活躍し、著書に『病気になったバーテンダーの罪ほろぼしレシピ』(講談社)がある。

「ベースのお酒があって、炭酸の割りものがあり、フルーツのフレーバーがある。レモンサワーもひとつのカクテルなんです!」が持論。

それでは藤村さん、よろしくお願いしますー!

POINT①大事なのは配分!

f:id:Meshi2_IB:20170728083316p:plainおいしいカクテルを作る上での基本って、何だかご存じですか。

それは「お酒と割りものの配分」です。

たとえば「ジンフィズ」という有名なカクテルがありますね。このカクテルは、ベースのお酒がジンになります。それにレモン果汁と砂糖、炭酸水を加えて作るもの。

一方でサワーとは、焼酎を、甘みをつけた果汁入りの炭酸水で割るものです。

つまりは、ベースのお酒がジンか焼酎かの違いだけで、ジンフィズとレモンサワーの構成要素はほぼ一緒。プロフィールにもありましたが、私はレモンサワーもカクテルだと思っています。だって、「ベースのお酒があって、炭酸やフルーツ果汁で割る」んですからね。やっていることはまったく一緒です。

なのでおいしいレモンサワーを作る上で最も大事なことは、カクテル同様その配分と私は考えています。

ジンフィズなら、お酒と割り材の配分は1:2。この配分をしっかり守るのが、おいしいジンフィズを作る上での基本です。

食材は高級なほうがいいの?

「高いジンだとおいしくなりますか」

「高級なレモンを使ったほうがおいしい?」

というようなことをよく聞かれますが、僕はこの点は意味がないと思います。それよりも大事なことは、基本的な配分を守ること。

もちろん、高級なジンやレモンをバランスよく配合して作るならば、それはとてもおいしいカクテルになります。ただこの「バランスよく」が出来ていないと、どんな高品質のものを組み合わせても、まとまりのないボケた味になってしまいます。

プライオリティーとしての第一はバランス(=配分)、と覚えてください。

同様にレモンサワーも、高級な焼酎やレモンをそろえるよりもまず、バランスを考えましょう。配分をきちんと守ることで、バランスの整った味の凝縮感が生まれ、お酒と割りものの一体感が生まれます。それが、カクテル(=レモンサワー)のおいしさなんです。

POINT②割り材をどうするか?

f:id:Meshi2_IB:20170728083316p:plainさて、先に述べたようにサワーを作るには、お酒と割りものが必要です。割りものとは具体的にいえば「砂糖+果汁」が入った炭酸水。これを家でいちから作るのはちょっとめんどう。なので、市販されている割り材を活用しましょう。これがなかなか優れているんですよ。 f:id:Meshi2_Writer:20170710174503j:plain

いろいろと飲み比べましたが、甘さと酸味のバランスが最も良いと感じたのは、博水社の「ハイサワー レモン」です。

ノンアルコール・カクテルとしても優れていると思いますよ。これ、いわばレモネードですからね。私はたまに、そのまま飲んで楽しんでもいます。スーパーや酒屋さんで探してみてください。

POINT③藤村流ベスト比率

f:id:Meshi2_IB:20170728083316p:plainそれでは実際に作ってみましょう。
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy