体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

騒音・糞害…「ムクドリの都市ねぐら問題」自治体の防除策・最前線を探る! 個人宅でも防げるの?

騒音・糞害…「ムクドリの都市ねぐら問題」自治体の防除策・最前線を探る! 個人宅でも防げるの?

ムクドリってどんな鳥か分かりますか? 茶色い翼・茶褐色の頭にオレンジ色のくちばしと脚のカラーリングがかわいらしい鳥です。しかしムクドリは大群になると困った存在。初夏から秋にかけて駅前など人に近い場所をねぐらにするため、鳴き声や糞(ふん)などで周辺住民に大きな被害が生じています。被害に遭った自治体はどんな対策をとっているのでしょうか。さらに個人宅での防御策も調べました。

ムクドリが初夏から秋にかけて駅前広場に集まるのはなぜ?

初夏以降、夕暮れどきになると、ムクドリ(椋鳥)の大群が駅前の街路樹に集まり、大きな鳴き声や糞で、周辺住民が迷惑を被っているという場所が全国で見られます。

「歩道が糞と抜けた羽だらけ。不潔で臭い」「駐めていた車が糞まみれに」「屋根や屋上が汚れるが掃除しにくいし、雨樋(あまどい)が詰まる」「鳴き声がうるさくてテレビの音が聞こえない」などの被害が見られます。こうしたムクドリ被害は全国の自治体で対応に苦慮している問題で、各自治体では対策を模索しています。

なぜムクドリは駅前などの繁華街に集まるのでしょうか。そもそもムクドリは、農作物に被害を与える害虫を補食するため、益鳥(えきちょう)とされ、人間と共生してきた存在です。本来は人里に生息し、里山の樹林地や屋敷林などをねぐらとしていましたが、宅地開発とともにそうした場所が減少してしまいました。そのため、天敵である猛禽(もうきん)類(鷹、フクロウなど)やヘビなどから身を守るために、大木のある駅前広場や街路樹が連なる大通りなど、ねぐらにしやすい樹木があって天敵があまり近づかない市街地に移ってきたと考えられています。

春から初夏までが繁殖期で、ヒナが巣立つまではつがいで行動し、木や人家の軒先などに巣をつくります。ヒナが成鳥となる初夏以降には大群化し、夜1カ所に集まってそこをねぐらとします。昼間は分散して郊外の田んぼや公園など緑と水がある場所で餌を採り、夕方になると市街地に大挙して戻って来ます。

群れは10km以上の範囲から集まり、数万羽となることもあるそう。東京都日野市にある筆者宅の近くでも、春以降、数羽から数十羽のムクドリが草原や河原にいるのをよく見かけますが、こうした家族規模の小集団がどんどん集まって、大集団になっていくのでしょう。【画像1】ムクドリは全長24cmほどで雀と鳩の間くらいの大きさ。日本のほぼ全域に生息する留鳥(通年いる鳥)です。天敵から身を守るために群れで生活をしており1万羽以上になることも。鳴き声はギャーギャー、ギュルギュルなど。集団になると大騒音が(写真/PIXTA)

【画像1】ムクドリは全長24cmほどで雀と鳩の間くらいの大きさ。日本のほぼ全域に生息する留鳥(通年いる鳥)です。天敵から身を守るために群れで生活をしており1万羽以上になることも。鳴き声はギャーギャー、ギュルギュルなど。集団になると大騒音が(写真/PIXTA)

世界遺産・姫路城も困惑? 姫路市の対策を見る

ムクドリ被害を受けている自治体は、江戸川区、富山市、長野市、高松市など全国に多々ありますが、なかでも、多数の観光客が訪れる世界遺産のお膝元ということで注目された兵庫県姫路市の事例を見てみましょう。

姫路市は30年ほど前から、姫路駅と姫路城を結ぶ大手前通りの街路樹に数千羽のムクドリが押し寄せてねぐらとし、多くの観光客でにぎわう歩道を糞で汚すなどの被害が生じていました。周辺住民にとっては集団での鳴き声にも悩まされています。

この大手前通りの糞汚れの清掃と街路樹の枝葉の剪定(せんてい)に、姫路市では2003年から2014年までにおよそ1億円もの莫大な費用がかかったそうです。姫路市道路管理課によると、街路樹を剪定すると効果があったそうですが、樹勢が衰えないようにしたり、樹形が変わらないような景観上の配慮が必要とのこと。

ほかにも次のような対策を行っています。

●1990年:フクロウの模型を75個以上、街路樹につり下げる

●1997~1999年:磁石を設置(鳥類の体内時計を乱すと言われている)

●2006年:商店街などで、忌避音(ムクドリが危険を感じたときの鳴き声)を流す

●2012年:イオン(電荷を帯びた原子)を発生する特殊なテープを設置(鳥が嫌がると言われている)

いずれも一時的に効果があったものの、すぐに慣れてしまう結果となったそうです【画像2】姫路駅から姫路城へ続く大手前通り。人通りがあり、うっそうと茂る並木が続く通りは、ムクドリのねぐらに最適のようです(写真/PIXTA)

【画像2】姫路駅から姫路城へ続く大手前通り。人通りがあり、うっそうと茂る並木が続く通りは、ムクドリのねぐらに最適のようです(写真/PIXTA)

姫路市の対策のほかに次の方法も各自治体で試されています。

●街路樹をネットで覆って、侵入を防ぐ

●木酢液など、忌避剤(ムクドリが嫌がる成分)を街路樹などに設置する

●LEDの電飾を街路樹に取り付ける

●サーチライトを向ける

●街路樹をばっさり伐採する

●目玉模様の風船を設置する

いずれの結果も、ほとんど効果がないか、一時的に効果があるものの次第に慣れてしまうようで、各自治体では対策に苦慮しているようです。

2007年には、姫路市「大手前通り街づくり協議会」の呼びかけで「ムクドリサミットin姫路」を開催し(後援:姫路市)、ムクドリ対策で悩みを抱える24の自治体などの担当者が集まりましたが、決定的な方法は見つからず情報共有に留まったそうです。【画像3】ムクドリが住み着くと下の歩道がひどい状態に(写真提供/株式会社エイカー)

【画像3】ムクドリが住み着くと下の歩道がひどい状態に(写真提供/株式会社エイカー)

効果アリと考えられるムクドリ防除の最終兵器!?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。