ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

がっつり本ソーキ vs 激辛ティーダ!夏に食べたい「壱蘭」の“沖縄そば”はどっちだ?【沖縄】

f:id:mesitsu_lc:20170714210350j:plain

ジリジリと肌を焼く太陽、にぎやかな蝉の声、キンキンに冷やしたビールが一段とおいしい季節……夏!

そう、夏の日差しに目を細めながら唐突に気がつきました。

夏を楽しめる余裕こそ大人のたしなみなのではないかと。「年齢を重ねるほど夏がキツイ」なんて弱気になっている場合じゃありませんでした。

夏バテ気味で食欲がない?

だったら、ほら。食べにいきましょう。

腹の底から気合が入る沖縄そばを!

「壱蘭」で暑さを吹き飛ばす、うまい沖縄そばが食べたい!

f:id:mesitsu_lc:20170714210559j:plain

1年中いつ食べてもおいしい沖縄そばですが、暑い夏に汗をかきながら食べる沖縄そばは格別です。

せっかくなら“ガツンと腹から気合が入るような沖縄そばが食べたいとやって来たのが、沖縄県糸満市・西崎にある「壱蘭(いちらん)」

こだわりの自家製麺と、唯一無二のオリジナリティーあふれる沖縄そばで、食事時には行列ができる人気店です。

f:id:mesitsu_lc:20170714210746j:plain

店内はカウンター席・座敷あわせて16席のコンパクトな造りで、落ち着いたアットホームな雰囲気。

スタッフさんの「いらっしゃいませ! 」と共に出迎えてくれたのは、体を優しく包みこむようなダシの香りです。食欲センサーをくすぐる芳醇(ほうじゅん)な香りに、おのずと期待も高まります!

f:id:mesitsu_lc:20170714210905j:plain

オーダーは食券式で、そばのサイズは基本の「中」と、半分サイズの「小」があります。

f:id:mesitsu_lc:20170714211025j:plain

気になる「壱蘭」のメニューがコチラ。

沖縄そばは全て自家製麺を使用しているとのこと。定番そばはもちろん、「壱蘭」オリジナルのそばが並びます。

一際目を引く真っ赤な「ティーダそば」や、ファンが多いという冷たい「美ら海そば」……気になるメニューが多すぎて、なかなか決められません!

ということで「今日は夏バテを吹き飛ばしに来ました」と、身もふたもない感じでおすすめメニュー2品を聞いちゃいました。

これが本気の“本ソーキ”そば

f:id:mesitsu_lc:20170714211204j:plain

▲本ソーキそば[中] 750円

オーダーの1品目は「本ソーキそば」

ソーキそばといえば、沖縄そばの代名詞ともいえるメニューです。各店がこだわりの逸品を出し、“うまい”がしのぎを削っているジャンル。

「ちょっとやそっとじゃ納得しないぞ」

と意味もなく挑戦的な気持ちで待つこと数分……。

運ばれて来た器がテーブルに乗ると、ふわりと濃厚なダシの香りが立ち上ります。これは、入店したときから食欲センサーを連打していた“あの香り”に間違いない!

感動したのも束の間、オーダーしたのは「本ソーキそば」なのに、そばにソーキが乗っていない。

と思ったら……

f:id:mesitsu_lc:20170714211259j:plain

はい。

もぅこれ、驚きすぎて何からツッコミを入れたら良いのか分からない。デカイ肉が2本ある。ソーキそばってこんな感じだったっけ?

そうかっ……!

「本ソーキそば」の“本”は「本(気)ソーキそば」ということだったのか!

と、ひとり納得しつつ、いざ尋常に勝負です!

f:id:mesitsu_lc:20170714211430j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy