ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】そこには、あなたの記憶が眠っている。東京の「痕跡」【書評】

konseki1

散歩をしよう。今日発売のCDを買うためにTSUTAYAに急ぐのではなく、お総菜半額セールに間に合うように近所のスーパーへ猛ダッシュするわけでもなく、いつもとちょっとだけ違う視線を持って、挙動不審な危ない奴に見られない程度にキョロキョロしながらいつもの道を歩いてみよう。

発見は刺激です。知ることは無限で得られるものは宝です。今までの日常とほんの少し異なる角度で世界を見るだけで、いつもの街はテーマパークに変貌します。それは街だけに留まらず、映画も音楽も食事も電車も服も、生活やあなたの回りにある森羅万象全てが対象になります。当たり前だと思っていたことに”好奇心”という名のアクションを加えれば、発見というビヘイビアが生まれるわけです。

本書は、東京に残る様々な痕跡や遺構を巡り、当時のトピックや、それが遺構へと移り変わっていった経緯などを判りやすく完結に説明してくれています。これまでの遺跡痕跡系本はどうしても探検や潜入といった雰囲気が漂い、そのおどろおどろしい写真も含めて一般の人の興味に入ることはなかなか難しいモノがあったと思いますが、『東京の「痕跡」』の”一般の人にも興味を持ってもらえるように”とのコンセプトは成功しており、本片手に東京を回りたくなる魅力が詰まっています。ライトであるが故ハードルは低く、それまであまり興味を持つことが無かった痕跡・遺構の魅力へとあなたを誘ってくれるでしょう。

痕跡には歴史が詰まっています。貝塚のような太古ではなく、ほんの数十年前その何か。もしかしたらあなたが小学生だった頃はまだ現役だったその何かしらが、今は朽ち果て静かに眠っているいるのです。

それを見つけた時、あなたは何を思うのでしょう。あの頃の思い出かもしれません。もう二度と取り戻すことが出来ない時間への後悔かもしれません。今の自分自身を、歴史という鏡で見つめ直すきっかけになるかもしれません。日常ではなかなか思い返すことが出来ない多くのことを知るきっかけになる、そんなトリガーにこの本はなってくれます。

本を読んで外に出よう。
そこには、あなたの思い出が街と共に眠っています。

■ビジュアル図解 東京の「痕跡」
同文館出版 全219ページ
ISBN-10: 4495581112
ISBN-13: 978-4495581114
2008年9月30日
Amazon
作者のサイト

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。