ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スプラトゥーン2』発売でSwitch本体の駆け込み需要が加速! ビックカメラAKIBAの抽選販売には約1000人が参加

2017年7月21日(金)、Nintendo Switch(以下、switch)専用アクションシューティングゲーム『スプラトゥーン2』が発売となりました。本体の品薄状態が続くなかでの注目タイトル発売とあって、同梱版を求める人が多く、駆け込み需要が加速しました。発売日当日、ヨドバシAkibaではまさかの予約者以外の当日販売分がなく、店頭でうなだれる方がちらほら。ビックカメラAKIBAでは抽選販売を行っており、平日にも関わらず約1000人が参加していました。

ビックカメラAkibaの抽選販売の当選確率は約1/20

7月17日(月)に『Switch』の抽選販売が行われたヨドバシAkiba。『スプラトゥーン2』の発売日が迫っていることもあり、多くのメディアで「3000人以上の行列ができた」と報道され、大きな話題を呼びました。

発売から約5か月経った『Switch』ですが、未だに品薄状態が続いています。その影響を受けて、Amazonでは4万6900円、楽天市場で4万9398円といったプレミア価格での販売が行われています(価格は7月21日調べ/最安値)。秋葉原では、未使用に限り4万円で買取を行っているも店舗も出てきており、定価が3万2378円であることを考えると、転売が横行する土壌は完全にできあがっているといえるでしょう。

そんなこんなで迎えた『スプラトゥーン2』の発売日。筆者も本体を入手すべく、息をまいてヨドバシAkibaに向かいましたが、残念ながら予約者以外の当日販売分はナシ。同じような考えを持っていた方もいたようで、「販売ナシ」の告知ポスターを見てため息を付く方、ないと分かりながらもスタッフに確認する方などが見られました。

ところ変わって、ビックカメラAKIBAでは同梱版の抽選販売を実施。当日9時から受付が開始され、11時に当選発表という流れになっていました。当選者発表の番号を見る限り、最終的に1000人もの方が参加されたと思われます。結果的には入荷50台に約1000人が集まり、当選確率は約1/20。当たらなくはない程度の確率となっていました。ちなみに筆者も参加したのですが、かすりもしない番号で特に盛り上がりもなく終了。なんでよ。

※写真は著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。