ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“赤い糸”の存在を信じる? アニメ『恋と嘘』逢坂良太&花澤香菜インタビュー

超・少子化対策基本法(ゆかり法)によって満16歳以上の少年少女は自由恋愛が禁止となり、国が決めた相手と結婚しなければならない社会で、初恋の相手・高崎美咲と許嫁の真田莉々奈と間で心が揺れ動くごく普通の少年・根島由佳吏の恋愛を描いたムサヲさん原作の『恋と嘘』。2017年7月からはTOKYO MXなどでアニメの放送もスタートしています。

どこか切なく、緊張感のある恋愛模様が展開される『恋と嘘』ですが、今回由佳吏役の逢坂良太さんと、美咲役の花澤香菜さんのWインタビューを敢行。物語の見どころやそれぞれのキャラクターの魅力について語って頂きました。

--『恋と嘘』は“ゆかり法”という法律によって政府が結婚相手を決めるという世界の物語ですが、まず原作や脚本をお読みになったときのファーストインプレッションからお聞かせいただければと思います。

花澤香菜さん(以下、花澤):この法律は設定として「新しいな」というか、「こういうものを開発したんだ!?」と思って、そこにも惹かれるし、その上で恋愛をするって、これからすごく切ない展開になっていくんだろうなというのは予感しています。あとは高校生ならではというか、初々しさもあるんですけど、思い切りのよさもあって。美咲ちゃんの行動とか台詞とか、いろいろドキドキするんですよね。

逢坂良太さん(以下、逢坂):すごく独特なんだけれども、現実にあってもおかしくないような設定ですね。高校生に既に結婚相手がいて、その中で三角関係になりつつ、どういうふうに立ち回っていくのかというストーリーになっています。女の子が2人いますけど、どっちもいい子なので(笑)。だから先が読めないというか、「本当にどっちを選んでいくんだろう?」というのが、読めば読むほどわからなくなっていく。だから毎晩毎晩、どんどん引き込まれていって、読むのが止まらなくなる作品だなと思いました。

--一話を拝見して、美咲がすごく大胆だと感じました。

花澤:大胆だし、自分の高校時代のまわりの子と照らし合わせても、けっこう大人っぽい。漫画を読んでいても、「ああ、美咲ちゃん、いいね」って思いました。「やるねぇ!」みたいな(笑)。あと、やっぱり自分の気持ちよりも相手のことを思って行動できるっていうのが、「すごいな」って。ずっと「根島君への思いはしまっておこう」って思っていたわけですからね。その決意もなかなかだなと思いますし、とても強い子なんだろうなと思います。

--ネジと美咲だけでなく、ネジの婚約相手の莉々奈やクラスメイトの仁坂もストーリーに絡んでくるあたりもドキドキします。

花澤:その恋愛模様も面白いですし、誰がどんな秘密を隠しているのかなっていうのが、ところどころに見えるけど、答えは見えなくて。だから、どんどん読み進めちゃいました。

--ネジは「どこにでもいそうな、ごく普通の男子高校生」というキャラクターですが、役作りでポイントになったところを逢坂さんに教えていただければと思います。

逢坂:よくあるアニメっぽい芝居は一切できないというか、それをやった途端にNGが出るという感じになっています。だから最初から基本的に個性を殺すというか、オーラを消すというか、「そういう作業から入ってください」「あらゆる意味の普通で演じてください」と言われて。そうしたら大きな表現もできないですし、かといって小さすぎると今度は何を伝えたいのかわからなくなるし。そのあいだを取る作業がすごく大変でした。そこは監督さんと照らし合わせながら、いろいろやらせていただいたんですけれども、いまだにやりすぎてしまうことが多くて。

--普通に「ええーっ!?」という台詞を演じるのは、すごく難しくないですか?

逢坂:そうなんですよ。抑えるっていうことが、こんなに難しいのかと。普段、日常でしゃべっているときなら、人見知りで小声でしゃべったりするので、正直たぶんこのぐらいの声をサラッと出せばいいんですけれども、別人になるということを考えると「ちょっと大げさになってきちゃうのかな」って。それが自分では気づかないんですよ。その調整が難しいキャラクターだなといまだに思っています。

--逢坂さんはこれまでにも、さまざま高校生役をしていらっしゃると思いますが、その中でネジが、これまで演じていらっしゃるキャラと特にここが違うというところはありますか?

逢坂:今までやってきた高校生は、わりと「自称普通」っていうのが多かったんです。自分では「僕はどこにでもいる高校生だ」のようなことを言っているんですけど、人と違うものを持っていたりしていることが多くて。もちろんネジにもそういうところがあるんですけれども、クラスの端っこで友だち何人かとつるんで遊んでいるんだなという感が、ものすごく出ているというか。半分自分の過去を見ているみたいな。自分もそういう立ち位置というか、中心にはいない感じだったので。仁坂っていう、女子にモテモテの子と、ちょっと仲がいいっていうだけのやつと違いはありますけれども。(これまで演じてきた)ほかの高校生はそのときの表情とか驚きとかを、わりと素直に出せるんですけど、ネジはそういうのが出せないので。感情に乏しいわけではないんですけど、やっぱりそこの強弱とか大小の違いなのかなとは思います。

--ネジが独白しているシーンや、コミカルとシリアスがちょっと入れ替わったりするシーンがあります。ストーリーを進めていく上でも、すごく重要だなと感じましたが、そのあたりはいかがでしょうか?

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。