体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ニュージーランド南島・その3】自然以外は何があるの?

日本と季節が真逆の南半球ニュージーランド。
冬のはじまりの6月頭に、”ニュージーランドのエディンバラ”と呼ばれる『ダニーデン』を中心にサウスランド、ワイタキ地方を巡りました。

ニュージーランドへ行く前に書店でパラパラとめくったガイドブックは、ほとんどのページが緑色で、残りのページはだいたい青色でした。
野生の動植物を訪ねるツアーや大自然の中でのアクティビティは、もちろんどれも魅力的なものばかりでしたが、それと同時に緑と青以外のニュージーランドにも興味をかき立てられました。
本記事では、ダニーデン、オアマルの“自然以外のみどころ”をご紹介します。

その他記事はこちら。
【ニュージーランド南島・その1】地元で愛される食のあれこれ
https://getnews.jp/archives/1823476[リンク]
【ニュージーランド南島・その2】野生動物はやっぱりかわいい!あと大自然
https://getnews.jp/archives/1823550[リンク]

●もくじ●
【1】スコットランド人が作った街、ダニーデン
【2】チャーミングな街、オアマル

【1】スコットランド人が作った街、ダニーデン

1800年代のゴールドラッシュの頃、建てられた堅牢かつ華麗な建物が多く残る街、ダニーデン。そんなダニーデンの町歩きをご紹介します。

エドワード調様式、ビクトリア調様式の建物が残る町並み

こちらは市役所。

ニュージーランドはイギリス連邦加盟国。そしてダニーデンはスコットランド人が造った街で、『ダニーデン』はスコットランドの言葉で『エディンバラ』のことだそうです。
街に着いた瞬間の印象は「イギリスっぽい!」でした。

ダニーデン駅。現在こちらの駅で運行している列車は、5月から10月まで、1日に1本運行の『タイエリ渓谷鉄道』のみですが、駅の内部は自由に見学出来るようになっています。

ゴールドラッシュの時代に思いを馳せるような、タイルやモザイクの装飾が美しい!一見の価値ありです。

駅からほど近い『ファースト教会』の外壁はもともと白かったものが、かつて蒸気機関車から吹き出していた”すす”で黒ずんだそう!内部のステンドグラスも見事で、無料で見学出来ます。

他にも、街なかには1800年代の年号が刻まれた建物がたくさん残っています。

カジノもありました。入場には身分証が必要です。
街の灯りがオレンジ色のところもイギリスっぽいですね。

ついつい写真を撮ってしまう、散策が楽しい街。
最近またブームになっている、フィルムカメラとも相性が良さそうです。

古い建物をそのまま活用したオシャレなカフェやショップも点在。

ダニーデンの街の中心部には『オクタゴン』と呼ばれる八角形のロータリーがあり、そこから広がる道もわかりやすいので、目的を決めずにぶらぶら散策をして、思いがけない風景やお店に出会う楽しさがあります。
↓オクタゴンとオクタゴンから広がる道

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy