体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狭いキッチンを効率的に使うためにできる“代用”のアイデア10選

狭いキッチンを効率的に使うためにできる“代用”のアイデア10選

59m2 の都心のマンションに家族3人+1匹で暮らす筆者。スモールスペース暮らしは20年以上と、慣れたものではありますが、今でも気を許すとものがあふれがちな場所のひとつがキッチンです。今回は、これがないと料理ができない!と思っていたものを「代用」することで、空間を広く使えるキッチン用品を10個ご紹介します。

代用1)トースターの代わりにガスコンロのグリルで

グリル機能がついているガスコンロをお持ちであれば、「トースター」としても活用できます。例えば、両面焼きグリルで5枚切りのトーストを2枚焼く場合、まずは上下強火で約2分予熱。その後、上弱火・下強火にして、アルミ箔(はく)を敷いたグリルの上にパンを2枚並べて2~3分。これで表面はカリッ、なかはふわふわのトーストが焼き上がります。グリルで魚を焼くことが多いと、ニオイ移りを心配されるかもしれませんが、加熱中は食材のなかから水蒸気が発生するため、ニオイがつくことはないそうです。【画像1】片面焼きグリルの場合、網の上にパン2枚を並べて強火で2~3分。パンを裏返して強火で約1分で、同じようにカリふわのトーストが焼き上がるとのこと。慣れるまでは、焼き加減を見ながら微調整するのがポイント(写真撮影/さいとうきい)

【画像1】片面焼きグリルの場合、網の上にパン2枚を並べて強火で2~3分。パンを裏返して強火で約1分で、同じようにカリふわのトーストが焼き上がるとのこと。慣れるまでは、焼き加減を見ながら微調整するのがポイント(写真撮影/さいとうきい)

トースターでよくあるサイズは、幅30cm、高さ18cm、奥行き20cm程度。グリルで代用できれば、その分のスペースを節約できます。

代用2)炊飯器の代わりに鍋で

炊飯器のタイマー機能を使っていないなら、お鍋でごはんを炊いても問題ないかもしれません。古い炊飯器でごはんを炊いている場合、鍋を使ったほうが劇的においしくなる可能性大です。炊飯に向いているのは、土鍋や鋳物ホーロー鍋(ストウブやル・クルーゼなど)、ステンレス多層鍋(ビタクラフトやクリステルなど)といった厚手の鍋。2~3合を炊く場合、鍋に十分浸水した米と分量の水を入れて中火にかけ、沸騰するまで待ちます。沸騰したら弱火にして、さらに15分ほど炊いて火を止め、10分ほど蒸らせば出来上がり。ふっくらピカピカに炊き上がりますよ。【画像2】「ル・クルーゼ」のレシピサイトによると、今が旬のとうもろこしを使った「とうもろこしごはん」は、旨味の出る“芯”も一緒に入れて炊くとよいそうです。料理下手でも絶品のとうもろこしごはんが炊けるのは、芯と厚手鍋のおかげ(写真撮影/さいとうきい)

【画像2】「ル・クルーゼ」のレシピサイトによると、今が旬のとうもろこしを使った「とうもろこしごはん」は、旨味の出る“芯”も一緒に入れて炊くとよいそうです。料理下手でも絶品のとうもろこしごはんが炊けるのは、芯と厚手鍋のおかげ(写真撮影/さいとうきい)

炊飯器でよくあるサイズは、幅26cm、高さ20cm、奥行き38cm程度。鍋で代用できれば、その分のスペースを節約できます。

代用3)電子レンジの代わりにせいろで

電子レンジを使わずに食品を加熱する方法もあります。例えば夜、冷凍したごはんを温めて食べる予定があるなら、朝のうちに冷凍ごはんを冷凍庫から冷蔵庫へ移動。温めるときは、ラップをはずした冷凍ごはんを蒸し布で包んでせいろにのせ、湯を沸かした鍋にセット。蒸気が上がる火加減を保ったまま、5分ほど蒸せば出来上がり。多少手間はかかりますが、電子レンジで温めるよりずっとおいしいごはんが食べられますよ。【画像3】重ねて使えるせいろなら、魚と野菜、おこわと茶碗蒸し、蒸しパンとプリンなど、複数の食材を一度に蒸せるから時短にもなります。アクの出る食材は下の段に入れるとよいそうです(写真/PIXTA)

【画像3】重ねて使えるせいろなら、魚と野菜、おこわと茶碗蒸し、蒸しパンとプリンなど、複数の食材を一度に蒸せるから時短にもなります。アクの出る食材は下の段に入れるとよいそうです(写真/PIXTA)

電子レンジでよくあるサイズは、幅50cm、高さ30cm、奥行き40cm程度。せいろやグリルで代用できれば、その分のスペースを節約できます。

代用4)せいろの代わりにスチームプレートで

電子レンジの代わりにせいろを使えばスペースは節約できますが、木製品ならではのメンテナンスの負担(カビが生えないよう完全に乾かしたり、洗剤のニオイが移らないよう気を使ったり……)はかかります。「お手入れのハードルが高い」と感じる人にオススメしたいのが、手軽に扱えるステンレス製のスチームプレート。深型の鍋底にセットするだけで、手持ちの鍋を蒸し器として活用できます。鍋の内径とスチームプレートの直径の差が小さいものを選ぶと、なかに入れた食材が鍋底に落ちてしまうことがありません。【画像4】いつもより多めの野菜を蒸したいときは、ふたからはみ出さない程度の長さにカットしたクッキングシートを敷いてから食材を入れます。こうしておくと、スチームプレートよりひと回り大きい鍋を使っても、食材が落ちません(写真撮影/さいとうきい)

【画像4】いつもより多めの野菜を蒸したいときは、ふたからはみ出さない程度の長さにカットしたクッキングシートを敷いてから食材を入れます。こうしておくと、スチームプレートよりひと回り大きい鍋を使っても、食材が落ちません(写真撮影/さいとうきい)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。