ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

札幌市民の定番「ちくわパン」のルーツを訪ねたら激ウマパンが続々

f:id:Meshi2_IB:20170620101814j:plain

意外な組み合わせなのにおいしい、とファンが多い「ちくわパン」。「ちくわパン」って北海道の個人のパン屋さんが作ったヒット商品って知ってました? 今回は「ちくわパン」のルーツのお店に突撃です。

f:id:uralatokyo:20170608095008j:plain

場所は札幌市白石区。市街地の中心「地下鉄大通駅」から東西線の駅で5つ、所要時間10分の「地下鉄南郷7丁目駅」から徒歩3分のところにあります。

f:id:uralatokyo:20170608095033j:plain

ここが「ちくわパン」の発祥の地「どんぐり 本店」です。

「どんぐり」は1983年の創業で、現在は札幌市内に全8店舗という札幌でも屈指の人気ベーカリーになりました。

f:id:uralatokyo:20170608095554j:plain

支店では支店ごとに限定のパンを売ってるのですが、本店ではその中でも人気の限定パンを買うことができます。本店の特権ですね。

f:id:uralatokyo:20170608095745j:plain

お店は意外と小さいです。まあ、ここから始まったお店ですから小さいのは仕方ありませんね。このコンパクトな店内で約100種の焼きたてパン、サンドイッチ、焼き菓子、デザート、お総菜などを販売しています。

f:id:uralatokyo:20170608095811j:plain

「どんぐり」の特徴は商品それぞれがしっかり味があったり、具材がたっぷり入っていたり、ひとつひとつが単独で楽しめるものが多いということ。これは創業当時からお客さんのリクエストに応えてきた結果なのだそう。「ちくわパン」も「お弁当のおかずみたいな調理パンが食べたい」という地元のお客さんの要望から生まれたのです。

f:id:Meshi2_IB:20170620102231j:plain

ランチなどに重宝するサンドイッチやサラダなんかも、バラエティ豊かにそろっています。

f:id:Meshi2_IB:20170620102322j:plain

特に人気なのがピロシキやカレーパンなどの「揚げ物系」。これらの具材も、もちろんスタッフが素材から現場で手作りしています。

f:id:uralatokyo:20170608100701j:plain

こんなものも見つけました。素材の味にこだわって手作りしている間にメニューになってしまったのがこの「串ザンギ」。北海道風鶏の唐揚げを串に刺したものです。ベーカリーとしては結構珍しい「お総菜」です。

f:id:Meshi2_IB:20170620101814j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。