ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『2足のわらじ』 が本業に与える好影響――バスクリン営業・平田氏が2足のわらじを履く理由

株式会社バスクリンといえば、きき湯、日本の名湯シリーズなどの入浴剤をはじめとした日用品メーカー。お風呂の文化を守る「銭湯部」があるなど、面白い取り組みをされている会社です。(銭湯部に関する記事はこちら

そのバスクリン社に、元オリンピアンであり、現・バスクリン営業マネージャー・兼日本ボート協会オリンピック・選手役員の会理事長という珍しい働き方をされている方がいるのをご存知でしょうか。今回は、バスクリン社の平田明久さんに、「二足のわらじ」をはくまでのキャリアと、副業が本業に与える好影響について伺いました。

f:id:rikunabinext:20170613170234j:plain

【プロフィール】平田 明久(ひらた あきひさ)

1963年東京都墨田区生まれ。

1988年、24歳の時に、ソウルオリンピックにて、ボートのエイト(8+)種目で選手として出場した経歴を持つ、元・オリンピアン。所属していたマツダオート社の方針変更に伴い、バスクリン社に転職。以来、同社の量販部営業担当として、全国の小売チェーンの本社に対して商品提案などを行う。

副業として、日本ボート協会「オリンピック・選手役員の会」の理事長を務め、小中学生向けに「オリンピアンが教えるボート教室」の開催・講師、次世代選手の普及・育成を行っている。自身も大会に出場し、2017年6月に開催された第10回全日本マスターズレガッタで優勝するなど、現役選手としても活躍中。

国内ではNo.1。日本代表としてオリンピック選手になったものの、世界では歯が立たなかった。

ーはじめまして。早速ですが、元・オリンピアンということで、選手活動について教えてください。

平田:はい、24歳のときに1988年のソウルオリンピックにボートの選手として出場しました。一口にボートといっても色んな種目があって、私はエイト(8+)という8人の漕ぎ手と舵手で艇を進める種目で出場しました。他にも1X(1人乗り種目)や2X(2人乗り種目)や4X(4人乗り種目)などあるのですが、エイト(8+)は全種目の中でも最も人数が多く、スピードも最速。ボート競技の中では花形種目です。

―花形種目というと、陸上で言うと100m走のようなものですね。

平田:はい。ですから、各国からエース級の選手が投入されます。私の身長は184cm。自慢ではないですが、国内では常に1位を獲ってきました。でも、世界を相手にしたら、まったく歯が立ちませんでしたね。各国の選手は2mを超える選手がザラにいます。筋肉も隆々で、まるで大きさが違う。スタートと同時にあっという間に先に行かれたことを、今でも鮮明に覚えていますよ。

オリンピックが終わった後も、日本ではNo.1。なのに、世界では通用しない。コンディション・モチベーションの維持には相当苦労しましたね。

ー厳しい世界にいらっしゃったのですね…。なぜ、そこからバスクリン社に転職をされたのですか?

平田:もともとマツダオートの実業団に所属する選手としてオリンピックに出場したのですが、方針変更により実業団が無くなることになりまして。でも、ボートは続けたいし、オリンピックは諦めきれなかった。そこで探し回った結果、「ボートをやって良い」と言ってくれたバスクリンに転職しました。ありがたいことに、次のオリンピックに挑戦する機会をいただけたのです。

選手としての限界と、家族。

ボートを引退し営業として第二の人生を歩むも、縁あって再びボートの世界へ。

ーバスクリンに入社した後、再びオリンピックを目指された、ということでしょうか?

平田:いえ、実は数年で現役選手を引退しました。きっかけは2つです。

まず1つ目は、選手としての限界を感じたことです。年齢とともに体力が落ち国内での順位が徐々に落ちてきた。2つ目は、同じタイミングで結婚して家族ができたことでした。自分が家族を養わないと、と決心し、そこからは営業の仕事に集中しました。

f:id:rikunabinext:20170613165759p:plain

ーボートの活動に未練はありませんでしたか?

平田:未練が無い、とは言いませんが、自分なりにはやり切ったと思った。だから悔いはなかったですね。しばらくはボートから離れ、平日は営業、休日は子供の野球に付き合って審判をやったりと、父親らしく過ごしていました。

ただ昨年、急に日本ボート協会から、「発足した『オリンピック・ボート選手役員の会』の理事長になる人間を探しているんだけど、平田さん、理事長になってくれないか?」と打診があって、結果的に仕事と日本ボート協会(以下、『ボート協会』)の理事長の「二足のわらじ」として活動することになりました。

なぜ私に…とも思いましたが、「かつて一緒に苦楽を共にした仲間が、次世代にボートを広める活動をしないでどうする」ということだったのだと思います。それをきっかけに、ボート協会理事長としての活動が始まりました。

本業と本業以外の活動の切り分け方と、相互に与える影響とは。

ーボート協会の理事長として、どのような活動をされていらっしゃるんですか?

平田:一言でいうと、「未来のボート選手を育成するために、ボートの楽しさを広める」活動です。つまり、ボート業界の活性化のために、認知を広げる、集客する、育成する…マーケティング的な活動を行っています。代表的なのは「オリンピアンが教えるボート教室」というイベント。主に小中学生向けに日本全国で開催して、陸上でも乗れる擬似ボートを使って教えています。先日もボート競技普及の一環で、休日の港区お台場で擬似ボートセミナーを開催しました。道を歩いている人に声をかけ、シミュレーション的にボートの動きを体感していただいたのですが、かなりの盛況になりました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。