ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「英文メール」の書き方(超初級編)――“翻訳ツール”を使って、誰でも簡単に英文メールが作れる

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第6回目の今回は、「英文メールの書き方(翻訳ツールの使い方)」についてです。f:id:k_kushida:20170609122534j:plain

多くのビジネスマンにとっての鬼門と言える「英文メール」。英語が苦手な方であっても、英文が楽に読めるための方法と、英文メールを書く際の機械翻訳ツールの上手な使い方をご紹介します。

英語は大の苦手なのに、仕事で英文メール(や英語のドキュメント)を読まなければならなくなった……。そして、返信メールを英語で書かなければいけない……。

日本語のメールならわずか3分で済むのに、英語だと1通書くのに数時間かかってしまって仕事の効率低下がひどい、というケースもあるでしょう。もしくは、翻訳ツールから生成された英文をそのままコピー&ペーストしているだけという人もいるかもしれません。

そういった英語の苦手な方でも、仕事の効率を大きくUPさせられる英文メール術を3回に渡ってお届けする予定です。今回は、超初級編。まずは、英文を楽に読め、機械翻訳ツールで比較的まともな英文が書けるテクニックをお伝えします。

英文メールや英語ドキュメントを楽に「読む」方法

英語が苦手な方は、Google翻訳やエキサイト翻訳などの機械翻訳ツールを使っているかもしれません。例えば、以下の英文メールが届いたとします。

I am writing to inquire about the product T-010. I have seen the product on your website and I’d like to know more about its details. I appreciate if you can send me the catalog and also the price of one unit as well as discounts on bulk orders. I need to make a decision in the coming few days so it’s really important that I receive this information as soon as possible. Awaiting your reply.

これを、機械翻訳で日本語にすると、例えば以下のような日本語が生成されるでしょう。

私は、製品T-010を問い合わせるために手紙を書いている。私はあなたのウェブサイトで製品を見て、私はその詳細をもっと知りたい。もしあなたがカタログを私に送ることができるならば、私は値上がりし、また、大きさの1つのユニットだけでなくディスカウントの価格は注文する。私が次の数日での決定をそんなにする必要がある 私がこの情報をできるだけ早く受け取ることは本当に重要である。あなたの返答を待つ。

現状では、機械翻訳はギャンブルに近いところがあります。中ほどの「私は値上がりし、また、大きさの1つのユニットだけでなくディスカウントの価格は注文する」という箇所の意味がうまく解釈できないかもしれません。場合によっては、比較的ちゃんと訳されることもあるでしょう。

機械翻訳の問題点

さて、機械翻訳の精度は、これからもどんどん上がっていくでしょうが、本質的に2つの問題をはらんでいます。

1つは、全文訳であるために、複数の意味を持つ単語は、誤訳の可能性が高くなることです。例えば「cell」という単語には、表計算ソフトにおける「マス目」や「細胞」の他に、「独房」や「小集団」、はたまた「電池」という意味まであります。これを文脈に従って、機械が正確に訳せる日は来るのでしょうか。

もう1つは、機械翻訳に頼ってしまうと、あなたの英語力が一切上がらないことです。英語は言語ですから、正しい学び方をすれば、誰でもできるようになります。それなのに、学校で身につけた英語力を全く生かさなかったり、せっかくの上達のチャンスを逃したりしてしまうのは非常にもったいないと言わざるを得ません。

「全文」訳ではなく「単語」訳を表示してくれるツール

機械翻訳が持つ上記の欠点をうまくカバーする方法として、単語レベルでの訳を表示してくれるツールを使うことを私はお勧めしています。この連載の第1回目でも実はご紹介しましたが、「英読」という無料のアプリです。

英文メールをコピーして貼り付け、変換することで、以下のように難しい単語にだけ訳を表示してくれるのです。f:id:k_kushida:20170609123110p:plain

ちなみに、上記の例では一番低い「レベル1」に設定がされており、中学2年生レベルよりも難しい単語に訳が表示されています。つまり、中学1年生レベルの英語さえ一応分かっていれば、辞書なしで難しい英文が読めてしまうのです。

メールなどの英文を直接貼り付けることもできますし、URLを貼り付けて、英語のウェブサイトや記事などに訳をつけることもできます。レベル設定を切り替えることで、訳が表示される対象を減らすことも可能です。無料アプリですので、ぜひうまくご活用ください。

「英読」iPhone版(iOS)

「英読」Android版

比較的ましな英語を翻訳ツールで「書く」方法

f:id:k_kushida:20170609123506j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。