ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

缶詰で炊き込みご飯を作ったら?さっそくやってみた【炊き込みご飯合戦】

缶詰で炊き込みご飯を作ったら?さっそくやってみた【炊き込みご飯合戦】 f:id:Meshi2_IB:20170601095731j:plain

スーパーの缶詰売り場をぼんやり眺めている時に、ふと思いつきました。

「缶詰で炊き込みご飯を作ったら、どうじゃろか?」

缶詰はいざという時の非常食としても、旅先などでも使えて、常にストックしときたい便利な食品ですよね。

そんな缶詰を使った炊き込みご飯。いざとなったら、飯盒(はんごう)でも作れちゃうし、これは試す価値ありでは? ……てかまぁ、単純に好奇心から食べてみたいって思ったのが本音ですが、とにかく一度作ってみようと思います。

と言うことで、今回はちょっと高級で魅力的な缶詰を厳選し、炊き込みご飯合戦を決行します。

さっそく選抜選手のご紹介です。バラエティ豊かな強者を5缶そろえました。

1番目:鯨の大和煮缶詰

2番目:わた入り するめイカの缶詰

3番目:オイルサーディン缶

4番目:コンビーフ缶詰

5番目:燻製牡蠣のオイル漬け缶&ムール貝の白ワイン蒸し缶

さぁ、さっそく片っぱしからじゃんじゃん作ってみましょう! レッツゴー!

おっとその前に、今回の炊き込みご飯の共通ルールとして、いくつか設定しました。

◎缶詰の固形量100g前後に対して、米1合で炊く。

◎味付けの調味料は、缶詰に合いそうなものを自由に使ってよし。

◎一緒に炊いてOKの具材は、ごぼう、しょうが、にんにく、トマト缶、仕上げの万能ネギのみ。

ではまず、一番手の鯨の大和煮缶詰からいってみよ〜!

1:鯨の大和煮缶詰で、炊き込みご飯

お酒のつまみにもご飯のおかずにも合う、鯨の大和煮。スーパーの棚でおいしそうな鯨缶が鎮座ましましたので、思わず買ってしまいました。見た目はお肉っぽいです。

f:id:Meshi2_IB:20170601095958j:plain

【材料】2人分 鯨の大和煮 固形量120g ※目についたものを買ったら、たまたま120gだった。以下同 米 1合 ごぼう 8cmくらい しょうが ひとかけ(千切り、荒くて良い) 万能ねぎ 適量

<調味料> ごま油 小さじ1(炊き込みご飯には、油分がある方がうまい) 醤油 小さじ1 酒 大さじ1 塩 少々

f:id:Meshi2_IB:20170601100234j:plain

1)米1合をといだら、鍋(または炊飯器)に、水+しょうゆ+酒を合わせて180ccの水分を加えて(=米と同量)、20分ほど浸水する。この時に、刻んだしょうがも一緒に入れておく。

2)その間に、ごぼうを回しながら鉛筆を削るように切って、変色予防のため水にさらしておく(炊く寸前なら、水につけなくて良い)。

3)20分たったら、1の鍋に、ごぼう、鯨の大和煮を汁ごと、ごま油、塩ひとつまみを加えて炊く。

ごぼうが水を吸うので、ここでさらに大さじ1程度の水を追加しましょう。

私が今回使ったホーロー鍋だと、最初は強めの中火→沸騰したら弱火で9〜10分くらいでOKでしたが、炊飯器の場合は普通に炊けば大丈夫でしょう。

f:id:Meshi2_IB:20170601100345j:plain

4)炊き上がったら、10分蒸らした後、万能ネギを加え、しゃもじでかき混ぜたら出来上がり。

※もし味見して味が薄い場合は、塩を少々足してから、かき混ぜてください。

ごぼうは某料理本で、鰻と一緒に炊いたメニューを見つけて、鯨の大和煮でもまねしました。ごぼうの風味が加わるのと、食感が変わって食べ進んでも飽きないので、ごぼう入りは結構おすすめです。

f:id:Meshi2_IB:20170601100554j:plain

[自己採点](5点満点評価)★★★☆☆

クセのある脇役陣がいると成立。まだまだ伸び代がありそうな予感。

えーとですね、お味はまぁ普通でした。悪くはないんですが、鯨の大和煮が意外とクセがなく、甘めの味付けだったので、もっと塩味を効かせればよかったと反省しました。

鯨の大和煮を主役に炊き込みご飯にすると、やや個性が弱いかもしれません。でもその後、山椒をふって紅ショウガを乗せて食べたら、メリハリが出てグッとおいしくなりました。クセのある脇役陣がいると成立する感じ。まだまだ伸び代がありそうな予感です。

2:わた入りスルメイカの缶詰で、炊き込みご飯

「わた入り」にひかれて買ってみました。缶には“北海道で水揚げされたスルメイカを、わたを入れたまま手詰めし、能登いしり(いか醤油)で味付けした限定品、酒の肴にぴったり”と書いてあります。きっと、ぬるめの燗と一緒が似合いそうですが、ここはぐっと我慢して、さぁ炊き込みご飯を作るのだ。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。