体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白いたこ焼きにたこ焼きサンド!? 実はマジメな自然派たこ焼き店「みはし屋」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170519211851j:plain

たこ焼きが白くたっていいじゃない! こんにちは、メシ通レポーターのナガオヨウコです。

全国で「京風たこ焼き」といわれているのは、外側がカリカリというかガリガリ、中がとろ〜りとした独特の食感が特徴です。私も大好きです。

ちなみに、冷凍のたこ焼きも好きです。素揚げしてそのまま食べたり、レンジでチンしてソースとマヨネーズをどばどばかけたりします。

たこ焼きってハズレがないぶん、まあ、ものすごい期待もしなかったりするんですよね。

そんな私のゆる〜いたこ焼き観を変えてくれたのがこちら。変えてくれた、どころじゃありません。目からウロコではなく、目から洗面器。ほっぺが落ちるではなく、ほっぺがダンシングオールナイト。まあ、ひと言で言うと「なんじゃこのおいしさは」です。

先日、左京区をふらふら歩いていたときに見つけました。「みはし屋」です。

f:id:mesitsu_la:20170518192532j:plain

出迎えてくれたのは、店長の西村さん。写真をよく見ると、店内でこちらを向いて笑っているスタッフさんの姿が見えますよ。

場所は、京都市左京区、東大路通り沿いの東側。北大路通りと今出川通りの間にあります。

京都の中でも左京区はカルチャー度がかなり濃いめ。美術館や資料館などの文化施設から、サブカル色が強いカフェや雑貨店、書店も多いです。オーガニックのスーパーマーケットや自然食レストランも点在しています。

f:id:mesitsu_la:20170518192533j:plain

店内の飲食スペースはカウンター席のみ。11時からオープンで、京都のたこ焼き屋さんにしてはちょい早めかな。

昼からたこ焼きをツマミにビール飲んじゃうなんてパラダイス的使い方もオッケーです。実は、たこ焼きランチもあるんですよ……後で述べますけどね。フフ。

たこ焼きはテイクアウトもできますよ!

f:id:mesitsu_la:20170518192534j:plain

壁には大きなタコの絵が描かれています。足(手?)には、箸。よくみると目玉はピースマークになっています。

北海道出身のご友人が駆けつけ、1日で仕上げてくれたのだそうですよ!

自然派を極めている

f:id:mesitsu_la:20170518192535j:plain

先ほど、お店の中でほほ笑んでいたのが、スタッフの伸吾さん。元ホテルマンにして、たこ焼き職人歴9年という、接客もたこ焼きもベテランの爽やか男子です。

f:id:mesitsu_la:20170518192542j:plain

モーリタニア産のマダコ。

わたくし知らなかったのですが、たこ焼き用に卸売りされているタコのほとんどが、PH調整剤や酸化防止剤を使用しているのだそうです。

しかしこちらは、新鮮な生のマダコを塩もみしたもので、薬品処理は一切ナシ。スタッフさんが探しに探しまくり、よ〜うやく探し当てた無添加タコなのだそう。

タコは冷凍のまま、たこ焼き器にINです。あえての。いったん解凍するとタコが固くなってしまう上、うま味が逃げてしまうから、というのが理由です。

f:id:mesitsu_la:20170518192543j:plain

生地に使用しているのは、100%山口県産の小麦粉。広島の製粉業者さんが細かーーく製粉しているのだそう。

卵は、兵庫県・淡路島の北坂養鶏場から仕入れています。遺伝子組み換えでないコーンや米ぬかを使った発酵飼料で育ったニワトリの卵です。

f:id:mesitsu_la:20170518192544j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。