ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“補助金に頼らない”まちづくりの最先端。岩手県紫波町で完成した「オガールプロジェクト」がすごいワケ

岩手県紫波町、公民連携のまちづくりトップランナー「オガールプロジェクト」が完成

人口減少、少子高齢化……こうした課題に立ち向かうべく、全国各地で「地方創生」のかけ声のもと、地域活性化に向けた取り組みが進められている。そんな自治体の一つである人口約3万3000人の岩手県紫波町が手がけた「オガールプロジェクト」は補助金に頼らない“稼ぐまちづくり”をコンセプトに10年前に立ち上がった、民間主導の公民連携プロジェクトだ。

もしまちづくりの甲子園があるとしたら間違いなく優勝候補の一つとなるであろう、注目のまち「オガール」とは、いったいどんなところなのか。プロジェクトの完成を記念して開催された「オガールEXPO」の様子と合わせて紹介する。

まず地域のにぎわいをつくり出す

「オガール」とは開発地区だった紫波地方の方言で「成長」を意味する「おがる」にフランス語で駅を意味する「Gare」(ガール)を掛け合わせた造語。このエリアを出発点として、紫波が持続的に成長していくようにとの願いが込められているという。

10.7ha、およそ東京ドーム約2.3個分のオガール地区には、南側にはフットボールセンターなどスポーツエリア、北側には一戸建て住宅地エリア、そしてその間のA~D街区の4ブロックには移転・新築してきた紫波町新庁舎(C街区2015年開庁)を含む公共公益施設が立地している。【画像1】JR東北本線・紫波中央駅の前に広がるオガール地区(10.7ha)最後のD街区が完成し、オガール地区の全ての施設が完成した(写真提供/紫波町)

【画像1】JR東北本線・紫波中央駅の前に広がるオガール地区(10.7ha)最後のD街区が完成し、オガール地区の全ての施設が完成した(写真提供/紫波町)

2012年、同地区に建てられたのが、紫波町の情報交流館(図書館と地域交流センター)や子育て応援センター、民営の産直販売所、カフェ、居酒屋、学習塾などのテナントが入った複合施設「オガールプラザ」だ。2014年には宿泊施設とバレーボール専用体育館、テナントからなる「オガールベース」が、そして最後に、小児医療・病児保育、こどもセンター、集合住宅、テナントなどからなる「オガールセンター」が2016年11月に完成した(テナントは順次開業)。

一番初めの施設が完成してから約5年をかけて、教育、文化、医療、育児応援、農業振興、スポーツ、住まい、そして行政機能が整備され、さらにさまざまな商業テナントが入居し出来上がり、オガール地区がまちびらきした。【画像2】D街区に最後に建てられたオガールセンター。小児医療・病児保育、こどもセンターなどが入居する(写真撮影/村島正彦) 【画像2】D街区に最後に建てられたオガールセンター。小児医療・病児保育、こどもセンターなどが入居する(写真撮影/村島正彦)【画像3】民設民営のオガール保育園。2017年4月に開所したばかり(写真撮影/村島正彦) 【画像3】民設民営のオガール保育園。2017年4月に開所したばかり(写真撮影/村島正彦)【画像4】オガールセンターに入居するパン屋「The BAKER」。地元の小麦・乳製品を使った天然酵母パンを提供し、はやくも町民の人気を得ている(写真撮影/村島正彦)

【画像4】オガールセンターに入居するパン屋「The BAKER」。地元の小麦・乳製品を使った天然酵母パンを提供し、はやくも町民の人気を得ている(写真撮影/村島正彦)

これらの施設を一気に建ててしまうのではなく、一つ一つ成果を確認しながら順繰りに、確実に整備していくことも、従来型の施設整備の手法とは異なる特徴だ。

「地方では、国からの多額の補助金を頼りにして大きなハコモノを一気につくりがち。これでは経営的な検証がおろそかになり、失敗してしまうケースも多い。われわれは、少しずつ施設整備を行い事業の収支に気を配るとともに、地域のにぎわいを創り出し、価値を高めてそのうえで次の計画を立ててきました」

そう話すのは、紫波町の町有地を活用したオガールプロジェクトの仕掛け人、岡崎正信さんだ。岡崎さんは、オガール地区内に立地するオガールプラザ、オガールベースなどを設立した株式会社の代表でもある。【画像5】オガールEXPOに先立ち、記者会見を行う熊谷泉・紫波町長(左)、と岡崎正信・オガールプラザ代表(右)(写真撮影/村島正彦)

【画像5】オガールEXPOに先立ち、記者会見を行う熊谷泉・紫波町長(左)、と岡崎正信・オガールプラザ代表(右)(写真撮影/村島正彦)

当初、コンビニエンスストアにテナント入居を打診したが、更地だった土地を見て、どの会社からも断られた。それが図書館やマルシェが入居する「オガールプラザ」の年間約70万人を超える集客力を見て、第2期の「オガールベース」ではコンビニ各社から掌を返すようにラブコールがあったという。

岡崎さんが成果目標に設定しているのは「施設整備を行っていくなかで、不動産価値を上げること」。指標となる地価は、岩手県全域が落ち込むなか、近年は県都である盛岡市と紫波町のみが上昇しているという。オガール地区では宅地分譲も行い、紫波中央駅の東エリアを含め住宅を建設する人たちで駅周辺の人口が約600人も増加した。【画像6】オガール内にある「オガールタウン日詰二十一区」は2013年から分譲がはじめられた日本発の本格的エコタウン。地元産材を使い地元工務店が高気密高断熱の住宅を建設している(写真撮影/村島正彦)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy