ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

煮干し香るトロトロ濃厚スープ「極にぼ」 「中華そば 石黒」が放つ至極の一杯!

f:id:bbhotstp:20170528234717j:plain

新潟市に数年前にオープンし、一躍人気店となった話題のお店をご紹介致します。

お店の名前は……。

f:id:bbhotstp:20170528234638j:plain

「中華そば 石黒」

f:id:bbhotstp:20170528234645j:plain

▲看板のアップ

右下に何やらマークが見えますね。

f:id:bbhotstp:20170528234652j:plain

「鮭(サケ)」にも似たこちらの文字。

良くみると少し違いますね~。

とりあえずお店の中へ……。

f:id:bbhotstp:20170528234659j:plain

注文は券売機スタイルです。

f:id:bbhotstp:20170528234708j:plain

スープの濃さは3通りあるようです。

濃厚からあっさりまで、極にぼ、中華そば、あっさりそばの3種類があります。

今回は、話題の一杯を注文してみました。

f:id:bbhotstp:20170528234717j:plain

▲極にぼ(770円)

まずはスープを一口。

f:id:bbhotstp:20170528234732j:plain

濃厚なスープに煮干しがガツンと効いています!

トロりとしたトロみのある動物系スープに、加わる印象的な煮干し風味。

これはウマいですね~!!

そして麺は歯ごたえの良い太麺です。

f:id:bbhotstp:20170528234725j:plain

濃厚かつ煮干しのうま味たっぷりなスープに負けない力強さを秘めた麺です。

麺とスープの相性も最高です!

濃厚な動物系に負けない煮干し風味。

といっても、ここ数年流行したドロ系ニボ白湯の様に、ドロドロだったり、えぐみのある煮干し出汁だったりはせず、適度な濃厚感と苦味のない煮干し風味とバランスの良い仕上がりは絶妙です。

こんな一杯についてご紹介した後で、冒頭にご紹介したお店のトレードマークをもう一度思い返してみましょう。

f:id:bbhotstp:20170528234652j:plain

魚へんの右側に「干」が二つあります。

「干す」が二つ……

干すが2……

そう!

煮干しです! (2干し)

完全にダジャレ的ではありますが……

ご主人の煮干しへの思いは、このような新しい漢字を生み出してしまう程強いものなのですね。

そんな煮干しへの思いを込めた、仕込みをほんの少しご紹介したいと思います。

f:id:bbhotstp:20170528234740j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy