ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

畑に行ってみて分かった、パクチーの意外な真実

f:id:Meshi2_IB:20170420213113j:plain

パクチーってどう育てるの?

2016年今年の一皿にも選ばれた「パクチー料理」。『メシ通』でも、パクチーボーイことエダジュンさんが、いろいろとパクチー料理を紹介していますよね。

そして、近年のパクチーブームにあやかって、私もパクチーレシピ本のレシピを担当させてもらったり、イベントをさせてもらったりしています。

今回はパクチーを食べるだけでなく、パクチーってどうやって育てているの? と思い、千葉県野田市にあるパクチー畑に行ってみることに。

案内をしてくれるのは、オリジナルのコリアンダーペーストを販売している株式会社ZUCH(シュチ)の社長。千葉県産のパクチーで船橋を元気にしよう! という「パク友の会」会長でもある桑垣さん。

f:id:Meshi2_IB:20170420212559j:plain

では出発。まずは国道16号で野田市を目指します。

f:id:Meshi2_IB:20170420212707j:plain

道中は、もちろんパクチー話でひと盛り上がり。

桑垣さんがコリアンダーペーストを作ろうと思ったのは2011年。あ、念のためコリアンダー(英語)=パクチー(タイ語)=香菜(読み方はシャンツァイ、中国語)=カメムシ草(日本の俗名)です。

2011年当時はコリアンダーペースト用に毎月100kgのパクチーを作ってくれる農家さんを探すのが大変で、「そんなの作っても売れるの!?」という農家さんをようやく口説き落として作ってもらったとか。それが今では、パクチー品薄状態!

「でもさ、あのとき、商品名を“コリアンダー”ペーストにしちゃったのは読みが甘かったかな。そのころの世間の認知度的に“パクチー”ペーストじゃないな、って思ったんだよね」と悔しがる桑垣さん。

だよね、「パクチーペースト」と名付けていたら、今ごろ左うちわの生活だったかも。

パクチー、実は暑さに弱い

そうこうしているうち、野田に到着!

今回、お邪魔させていただくのは、和か葉農園。代表の山﨑さんが出迎えてくださいました。

f:id:Meshi2_IB:20170420212741j:plain

ご挨拶をしていると、クンクン。

どこからかパクチーの爽やかな香りが!

f:id:Meshi2_IB:20170420212809j:plain

作業所ではまさにパクチーの出荷作業中。

ゴムを高速回転させ、下葉や泥を取っていたのです。

f:id:Meshi2_IB:20170420212833j:plain

3月~4月に収穫するのは、10月ぐらいにまいた種。冬を越して春に収穫するとか。

4月に入ると、週2~3回ペースで種をまき、1カ月半で収穫。

夏場は、収穫に適した時期はわずか3日ほど。パクチー=暑い国のハーブというイメージだけど、じつは暑さに弱く、熱で葉が溶けちゃったりするんだそう(自家発熱するタイプのハーブなのだ)。

こちらの和か葉農園では1日、20kgを出荷しているとか。

f:id:Meshi2_IB:20170420212859j:plain

すごい! もりもりパクチー。

出荷先でパッケージされ、スーパーの店頭に並びます。

パクチーは無農薬栽培がデフォ

さてさて、山﨑さんに「こっちの畑のほうは、けっこうパクチーを収穫してハゲちゃってるけど」と言われながらも、パクチー畑に案内をしていただきました。

f:id:Meshi2_IB:20170420212922j:plain

あ、確かに、けっこう収穫されていますね。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。