ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

流行の『ハンドスピナー』とは一体? ブームの背景から購入時のチェックポイントまで、詳しい人に聞いてみた

2017年の春先から各メディアで“流行中”といわれている『ハンドスピナー』をご存知だろうか。安いものなら300円から、せいぜい3,000円程度で購入可能。ただ回すだけのシンプルな玩具で、コマやヨーヨー、或いはペン回しに近い手慰みアイテムである。今回は、自身もハンドスピナー通販ショップを営む日本ハンドスピナークラブ代表山本智也氏にインタビューを行い、流行の背景から購入時のチェックポイントまで、詳しい話を聞いた。

『ハンドスピナー』には有名メーカーが存在しない

このブームは1年持たないと思っています(笑)


そう語る山本氏は、ほかならぬ自身がハンドスピナーの大ファンだという。そもそもハンドスピナーはブームの発生が特殊で、商標や特許を保有するオリジナルなメーカーがいない。流通しているハンドスピナーはほぼ100%が中国の無名メーカー製。中国工場と取引して輸入販売の仕事をやったことがある人ならば、だれでもハンドスピナーを仕入れることができるのでは、と山本氏は語る。無秩序な状態だから「共有地の悲劇」が起きることを懸念している。

私自身、輸入ビジネスを本業にしています。商談中に中国人の方がクルクル回していて、それ何ですか? というのがハンドスピナーとの出会い。そこから、一気にハマりました(笑)。ハンドスピナー専門のネットショップを立ち上げて、これまで150種類以上のハンドスピナーを手に取って回しています。自分のショップの利益を守りたいのはもちろんですが、この魅力的なアイテムが一過性のブームで終わってしまうのが惜しくて、クラブを立ち上げました。「ハンドスピナー(Hand Spinner)」および海外での呼称「フィジェットスピナー(Fidjet Spinner)」で、商標登録も申請中です。

次は、実際に購入する際の選び方についてお伝えしよう。

 

『ハンドスピナー』の選び方

基本的には見た目のデザインで選んで頂いてOKです。材質はプラスチック製と金属製があり、それもお好みで。

なるほど、実際に手に取ってみると、なんとなく好みがわかれるものだ。

サイズが大きいと回しづらく、女性向けではない。

金属製は重厚感があるが、ポケットに入れて気軽に持ち歩くのには向かない。

“シャー”という回転音が大きいモデルと、ほぼ無音のモデルが存在した。

記者は、金属製の方がよく回るような先入観があったが、必ずしもそうでないこともわかった。

滑らかに、長時間回り続けるのが良いハンドスピナーの条件ですが、個体差が大きいのです。同じ製品であっても一つひとつ違います。大手メーカー品と違って品質チェックが甘いので、致し方ないところです。もしハズレを引いてしまった場合は、残念ですが諦めるしかありません。せめて信頼できるショップで購入すれば、明らかな不具合があった際は、返品交換に応じてもらえるかもしれませんね。

 

気を付けたいのは、水に濡らさないこと。滑らかな回転を支えるパーツ「ベアリング」がすぐに錆びてしまう。

 

ベアリングは普通に使用しているだけでもいずれ劣化するので、回らなくなってきたら寿命です。ベアリング交換できるモデルも一部存在しますが、基本的には本体ごと買い替えです。オモチャですからね(笑)

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。