ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia XZ PremiumとXperia XZのサイズを比較

今週 17 日に台湾で Xperia XZ Premium の発売イベントが開催されたことを受けて現地の Sony ストアで同機種の特設コーナーが設置され、モックアップの展示も始まるなど発売のムードが徐々に高まってきています。早速、当ブログの台湾特派員 W 氏も Sony ストアに訪れその様子を見てきてくれました。台湾市場は Xperia 新モデルの発売が早いことで注目されていまが、17 日のイベントで Xperia XZ Premium の発売日は発表されていません。噂では 6 月 8 日前後に正式に発売を迎えると言われていますが情報は錯綜しています。一部では、来週にも発売されるとの情報も出ています。いずれにせよこの 1 カ月中に発売されることは確実です。次の写真をご覧の通り、台湾ではブラックとシルバーのほか、追加で発表されたピンクも発売されます。Xperia XZ Premium では、Xperia XZ のブランド名を冠しているため、本体のデザインは Xperia XZ のループサーフェスデザインを採用しています。サイズ感は Xperia XZ / XZs よりも一回り程度大きいものでした。本体の厚みも Xperia XZ Premium の方がわずかに大きいようでした。Xperia XZ Premium は 5.5 インチスマートフォンなので、2015 年の Xperia Z5 Premium のような位置づけの機種となりますが、先に発売された Xperia XZs からスペックが格段に向上しており、事実上 2017 年のフラッグシップモデルです。発売が待ち遠しいですよね。

■関連記事
「HTC U11」の実機レポート、Edge Senseの詳細も
Galaxy S7 edgeのSamsung純正レンズカバーのレビュー、欲しかったあのアクセサリーが今ではほぼ半額の値段で購入可能
ロア・インターナショナル、Man&Woodブランドの天然木を使用したスマートリング「天然木スマートリング」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。