ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • マーク・ハミル、『スター・ウォーズ』のルーク役やエピソード8について語る
  • 『天使が消えた街』を観た人へ。そして、これから観る人へ。
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見・全文書き起こし
  • アニメ映画『GODZILLA』に新情報! サブタイトルは「怪獣惑星」で「2万年後の地球」が舞台
  • 映画『X-MEN:アポカリプス』のラナ・コンドル、ジェームズ・キャメロンの映画『Alita: Battle Angel(原題)』に出演決定
  • 【独占記事】『スター・ウォーズ』女優のデイジー・リドリー、映画『The Lost Wife(原題)』に出演決定
  • 人形と死体の間に友情は生まれるか? 死霊人形のアナベルと『スイス・アーミー・マン』の“万能死体”が原宿デート[ホラー通信]
  • 世界的ヒット作が中国では未公開に 監督「残念だがいつか観てもらえると願っている」
  • 【見学動画】これが日本語吹替の現場だ!映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』のアフレコスタジオを小学生が見学
  • 映画『花、香る歌』にちなんだ美しい韓国宮廷料理「クジョルパン」を作ってみた! 
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャリー・フィッシャー、体重減量命令に不満を漏らす
  • 今日マチ子書きおろし漫画も公開中! 東京女子流主演『5つ数えれば君の夢』がキュートなコラボ
  • 『スパイダーマン』のリブート作品に、映画『Little Men(原題)』のマイケル・バルビエリが出演へ
  • 【独占記事】米ユニバーサルはモンスター映画をどのように現代へと蘇らせるのか
  • 『コドモ警察』福田雄一監督インタビュー「小学生が小学生に憧れる“パーマン”みたいな感覚」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『5月18日はなんの日?』サーフ・カルチャーの第一人者、ジャック・ジョンソンの誕生日

『5月18日はなんの日?』サーフ・カルチャーの第一人者、ジャック・ジョンソンの誕生日

 5月18日はサーフ・シーンから飛び出した人気シンガーソングライター、ジャック・ジョンソンの42歳の誕生日。

 ジャック・ジョンソンは1975年5月18日、アメリカ・ハワイ州オアフ島生まれ。世界中のサーファー憧れの地ノースショアで生まれ育ったジョンソンは、当然のように幼い頃からサーフィンに没頭し、10代でプロ契約を結ぶほどの腕前に。しかし、17歳の時にサーフィン時の事故により大ケガを患い、以後は音楽の世界に傾倒していったという。

 友人たちを被写体としたサーフ・ムービーの制作で注目を集めるなか、その音楽的才能をG・ラヴによって見いだされ、彼の作品のゲスト参加を皮切りに2001年『ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ』でインディー・デビュー。同作はサーフ界のみならず音楽シーン全体の注目を集め、翌年にはメジャー移籍。結果的にデビュー作はミリオンセールスを達成し、続く2003年リリースの『オン・アンド・オン』では初のTOP10入りとなる全米ビルボード3位を記録。移り変わりの激しいシーンにおいて、様々な音楽的要素を取り入れながらも普遍的でオーガニックなサウンドでその人気を不動のものとしていく。その後、2005年作『イン・ビトゥーン・ドリームズ』が2位、日本でもおなじみの絵本『おさるのジョージ(ひとまねこざる)』を題材とした映画『キュリアス・ジョージ』のサウンドトラックで初の全米ビルボード1位を獲得。以降、活動休止期間を経て発表した『スリープ・スルー・ザ・スタティック』(2008年)、『トゥ・ザ・シー』(2010年)、『フロム・ヒア・トゥ・ナウ・トゥ・ユー』(2013年)と、すべてのアルバムが全米ビルボードNo.1を記録し、人気シンガーソングライターとして絶対的人気と地位を獲得している。日本でも早くからサーフ界やFMラジオ局でのエアプレイをきっかけに注目を集め、2003年以降コンスタントに来日を果たしており、2014年のフジロックではヘッドライナーを務めるなど高い人気を誇っている。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャック・ジョンソン ニューアルバムが3作連続全米No.1デビュー
タイのジャック・ジョンソンことシントー・ナムチョークのジャパン・ツアーがいよいよスタート
『5月17日はなんの日?』70年代を席巻した“ディスコの女王”ドナ・サマーの命日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。