ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 胸キュンシーン満載!? 映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~THE MOVIE』完成披露イベント開催決定 [オタ女]
  • 『明烏 あけがらす』福田雄一監督&菅田将暉インタビュー「菅田君は4年前はタメ口でした(笑)」
  • 【動画】オーウェン・ウィルソンとエド・ヘルムズが父親を探す映画『Father Figures(原題)』、トレーラーが公開
  • 『パンク侍、斬られて候』石井岳龍&宮藤官九郎インタビュー「時代劇のフリして中間管理職の苦悩とか描いているのでおじさんにも刺さると思う」
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/7/16号:カリコレ『アタックオブザキラードーナツ』『ザ・ボーイ 人形少年の館』『ズーンビ』ほか
  • 人生まだまだ折り返し地点?  元気すぎる70歳オーバーの名優が大活躍!
  • 『ミュータント・タートルズ』ミーガン&ウィルインタビュー「続編にはあの人気キャラが登場するはずだよ!」
  • 動物たちの“サイズ感”にこだわりアリ! 『ズートピア』が他の動物アニメと一線を画す理由
  • 祝『闇金ウシジマくん』10周年! 過激過ぎ……ドラマ放送が危ぶまれていた過去も
  • ヤラれたら殺りかえす!! モデル美女が繰り広げるムゴすぎる復讐劇『アイスピットオンユアグレイヴ2』1月19日公開
  • てれび戦士・テニミュ菊丸で大人気! 注目若手イケメン俳優・小関裕太主演『Drawing Days』[オタ女]
  • 『虎影』西村喜廣監督インタビュー「“斎藤工”目当てで観てビックリして欲しいね(笑)」
  • 小悪魔&超悪魔! イケメンスパイも翻弄されるスゴ腕女子に注目『コードネームU.N.C.L.E』
  • 【独占記事】ダグ・ライマン、DCエンターテイメントと米ワーナー・ブラザースによる映画『Dark Universe(原題)』の監督へ
  • おバカ可愛いキャメロンの魅力炸裂! 元恋人同士の共演も話題の『バッド・ティーチャー』
  • 歌詞カンペキな“小さなエルサ”に感激! 『アナと雪の女王』イベントに参加してみた

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内初のIoT水耕栽培キット「foop」で野菜を気軽に育てよう

foop_1これまでなかなか手が出せなかったことが、気軽にできるようになったのもITテクノロジーのおかげ。農作物の栽培は、まさにその代表格といえるのではないだろうか。

スマートガーデニングデバイスは、過去テッカブルでも多く掲載している。主に海外製のプロダクトを取り上げてきたので、今回は日本の製品をご紹介したい。Wi-fi機能搭載のスマート菜園「foop」。スマホ1つで簡単に野菜を育てられる、国内初のIoT水耕栽培キットだ。

・光の強さから温湿度、水やりのタイミングまですべて自動で管理

foop_2ウリは、独自開発による特殊なケース。栽培環境の変化を把握するスマートセンサーを搭載。光の強さやCO2の濃度、温度から湿度情報まで、常時モニタリングする。本体上部には、太陽光に近い光質を出す3派長のLEDを導入。

室内でも、野菜の育成に必要な光質を与えることが可能だ。他にも、水やりのタイミングを教えてくれる水位センサーや、透明アクリルカバーの開閉状態を知らせるドアセンサーも装備。スマホ1つで、すべての状況を管理できるようになっている。

栽培の仕方も、簡単。栽培カップに種をセットし、水と液体肥料を入れてケース内に置く。あとは、育てる野菜を専用アプリで選択するだけ。お手入れや食べごろのタイミングはすべて、アプリが通知してくれる。

・食べたい分だけちょっとずつ栽培

foop_3栽培数は、最大20株。葉物なら12株、ハーブ系は一度に20株まで育てることができる。レタスや小松菜、ミニトマトなど、育成可能な野菜の種類も豊富にそろっている。

製品ラインナップは、現在3つ。木目が美しい“スタンダード”(4万8500円)と伝統工芸とのコラボレーションモデル“Premium”(2017年夏より注文受け付け開始)、研究室向けの限定品“Lite”(3万8500円)がある。3月21日に発売された“Lite”は特に人気で、キャンペーン価格品100台は、すでに完売だとのこと。

食べたい分だけ栽培できるのも、本品の大きな魅力。楽々菜園生活で、ヘルシーな食生活を手に入れてはいかが?

foop

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。