体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事でモテる男はなぜ、「シャンプー」にこわだるのか?

f:id:kensukesuzuki:20150724143953j:plain

近ごろ男性ビジネスパーソンの間で「メンズ美容」への関心が高まっています。スキンケアやニオイケア、ひいては身だしなみをきちんとしたいと考える大人の男性たちが増えているのです。

そんな彼らに日々アドバイスを求められているのが、メンズ美容家・山川アンクさん。

前回はメンズ美容が求められている時代背景についてお話をうかがいましたが、今回は実践編として「ヘアケア」、中でもシャンプーについて聞きました。

最近、身だしなみを整えるためにドラッグストアに駆け込んで、シャンプーなどをどっさり買い込んだライターの松岡がお送りします。

f:id:atsushimatsuoka:20170314134418j:plain

山川アンク:クリスチャン・ディオールをはじめ国内外の化粧品メーカー4社に勤務を経て、2012年より日本初の女性メンズ美容家として活動開始。

一般社団法人日本メンズ美容協会理事長。「美容の科学と女性目線」でメンズ美容の普及に務め、ビジネスもプライベートも成功する、見た目改造方法をメディアや講演会を通じて指南している。

「いいシャンプー」に変えてみたら

――最近、シャンプーをハイグレードなやつに変えたんです。それまではブランドにこだわらず、何となく安いものを使っていたのですが、植物性の「アミノ酸」が配合されているものがいいとうかがったのがきっかけで。

山川 はい、アミノ酸系シャンプーは私も使っていてオススメです。お肌を構成しているタンパク質を分解するとアミノ酸でできていますから、それに近いもので洗うと頭皮にやさしいんですね。

f:id:atsushimatsuoka:20170428140203j:plain

――逆に言えば、これまで何気なく使っていたシャンプーにどんな成分が配合されていたのか不安ではあります。今のところは大丈夫ですけれど。

山川 実際にアミノ酸系のシャンプーを使い始めてみて、どうですか?

――頭皮にやさしいかどうかは正直まだよく分からないのですが、洗浄力は問題ないと思いますし、何よりコンディショナーを使わなくなりました。このシャンプーだけで十分、髪がきしんだりしませんし、指通りも良くなって、コンディショナーの必要性を感じないんです。以前のリーズナブルなものに比べて倍以上の値段がするシャンプーですが、今のところ買って良かったなと思ってます。

山川 つまりコンディショナーにかけていた費用の分、いいシャンプーにお金をかけることができたということですよね。

髪を洗うというのは毎日のことで、一年で考えると365回、10年だと3,650回。20年、30年ともなると途方もない回数になりますから、シャンプーの選び方はとっても大事です。長い目で見ると、少々高価なものでも髪や頭皮にいいものを選ぶのは未来への投資だと思います。

シャンプーを選ぶ基準とは

――ただ、ドラッグストアに足を運ぶと、無数のシャンプーが棚に並んでいるじゃないですか。「アミノ酸配合」と書かれたものもたくさんありましたし、一体なにを基準に選べばいいのかよく分かりませんでした。

山川 ちなみに今回のシャンプーを選んだ決め手というのは?

――店頭でオススメされていたこともありますが、最終的にはパッケージが一番シンプルなものにしました。というのも著名タレントを起用している商品よりも、パッケージがシンプルな商品の方が「モノの良さ」によりコストをかけている気がしたんです。もちろんタレントさんを使っているから良くない、というわけでは決してないのですが。

山川 なるほど。

――「TVCMを使ったマス広告を一切実施しないことでコストダウンをはかり、ハイクオリティー&ローコストを実現」と記載している商品も実際ありました。

f:id:atsushimatsuoka:20170428140308j:plain

山川 確かに商品そのものにコストをかけているメーカーもたくさんあります。やっぱり新商品を開発するのって、莫大なお金がかかるじゃないですか。新しい容器にするだけでも金型を起こすのに費用がかかりますし。容器は従来のまま自社で製造して、より原料にコストをかけているメーカーも少なくありません。

それに、同じ洗浄成分でもグレードに差がありますからね。

――そうなんですか?

山川 ええ、もちろん。たとえばクルマのメンテナンス用品でも商品によって差がありますよね。やはり高価なものは仕上がりもいいですし、持ちも良かったりします。シャンプーや化粧品だって同じことが言えます。

――同じトマトでも美味しいものとそうでないものがある、みたいな。

山川 そうそう! 同じ原料でも手間暇かけて精製度を高めているかどうか、それこそ成分が天然由来なのか人工なのか、様々な理由でコストは変わります。天然ものが良くて人口のものが粗悪という意味ではありませんが、メーカーのこだわりを見るのもシャンプー選びのひとつの判断基準ですね。

髪は2回洗う方がいい

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。