ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

論理的思考を鍛える5つの反論のパターン/きのこVSたけのこ論争に終止符を!

デマこいてんじゃねえ!

今回はRootportさんのブログ『デマこいてんじゃねえ!』からご寄稿いただきました。

論理的思考を鍛える5つの反論のパターン/きのこVSたけのこ論争に終止符を!

田舎のタクシーに乗ったら運転手さんから政治の話をふられて面食らった―――。そんな経験はないだろうか。

今では想像できないけれど、一昔前まで政治はカジュアルな話題だった。それこそ天気や野球と同じように、初対面同士に最適だとされていた。新書や新聞、ドキュメンタリー番組が現在よりも好まれており、政治へのリテラシーが高かった。さらにマスメディアが情報を統一していたため、政治的立場が対立することはまずなかったのだ。情報ソースが多様化した現在、政治の話はあまりにもコントラヴァーシャルで軽々しく口にできない。初対面の相手とだなんて、もってのほかだ。

しかし、である。

社会問題や経済、政治に無関心な“ふり”をするのが処世術になってしまうのは危険だ。それらが地震や台風のように“関心を払っても防ぎようがない”ものとして扱われるからだ。当たり前だけど、あらゆる社会問題は人間が巻き起こすモノ。である以上、私たち一人ひとりの意識・関心が変われば世の中は変わる。誰もが無関心を貫いたら、この世はどんどん無秩序な方向へと進んでしまう。

では、そういうナイーブな話題をするときには、どんな点に気を使えばいいだろう。残念ながら私たち日本人は“議論が苦手”だと言われている。反論のつもりで口にした言葉が、単なる愚弄・罵倒になってしまうことも少なくない。理知的で知性的なほんものの反論をするには、どんなことに注意すればいいだろう。

じつは反論のパターンはそんなに多くない。代表的な5パターンに当てはまらない反論は、十中八九ただの罵詈雑言(ばりぞうごん)。相手にする必要はないし、口にすべきでもない。そして何より、意見を述べる前に“自己反論”してみることが大切だ。たとえ意見が一致しないとしても、最低限“くるであろう反論”は予測すべきだし、適確な反論ならば真摯に受け止めるべきだ。

反論のパターンは以下の5点。

1.No reasoning (論拠がない)
2.Not true (うそだ)
3.Irrelevant (無関係だ)
4.Not important (重要ではない)
5.Depend on *** (○○による)

競技ディベートで遊んだことのある人なら、目にしたことがあるはずだ。

では現実社会の論争を用いて、これらの実用例を紹介しよう。日夜、終わりない論戦が続き、いまだに解決の糸口が見えない巨大論争―――。

そう、『きのこの山』派と『たけのこの里』派との抗争だ。

論理的思考を鍛える5つの反論のパターン/きのこVSたけのこ論争に終止符を!

1.No reasoning (論拠がない)

たとえばあなたが“たけのこ派”だとする。きのこ派に対して、こんなコトを言って満足していないだろうか。

「『きのこの山』はダメなお菓子だ!」

きのこ派の人間からすれば、この主張は取るに足らない罵倒でしかない。なぜなら、「どうして『きのこの山』がダメなのか」という理由が説明されていないからだ

あらゆる主張には、理由づけが必要だ。「のび太はダメなやつである、なぜならのび太だからだ」というトートロジーはジャイアンにしか許されない。のび太がダメなのは、彼がのび太だからではない。成績や要領が悪いうえに、しずかちゃんのお風呂をのぞいたりカネや名声を欲しがったり―――業深いからこそ、のび太はダメなのだ。

なにか意見を言うときは、必ず理由づけを行わなければいけない。そして理由づけのない意見には耳を傾ける価値はない。

マツダ先生(仮名)の思い出、あるいは議論の仕方を習ったことのない人はやっかいだということ」 2012/01/17 『みやきち日記』
http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/20120117/p1

※理由をつけるだけなら、小学生にもできます。

「『きのこの山』はダメなお菓子だ!」とだけ言って満足している人には、こう反論してやろう。
「で、理由は?」

2.Not true (うそだ)

理由が示されていたとして、それが正しいとは限らない。この世はうそと勘違いに満ちている。立派な理由づけがあったとしても、理由そのものが間違っていたら、その主張は成り立たない。

「『きのこの山』はダメなお菓子だ、なぜなら森永製菓のお菓子だからだ!」

この主張は2点の意味で間違っている。
1点は“森永製菓のお菓子=ダメ”という論理展開が意味不明だ。『チョコボール』、『ダース』、『小枝』、さらに『マリービスケット』や『エンゼルパイ』。森永製菓の製品はどれも、長く愛される優れたものばかりだ。“森永製菓のお菓子”ならば即“ダメなお菓子”という主張はうそである。

そしてもう1点の間違いは『きのこの山』はそもそも森永製菓のお菓子ではない。『たけのこの里』と同じ明治製菓の製品だ。上記の主張は徹頭徹尾うそである。

世間的に“反論”というと、この“うそをあばく”ことに主眼が置かれる。新聞やテレビ、ブログの記事―――。ある程度まとまりのある文章には、必ず“主張”と“理由”の両方が含まれている。そして“理由”には真実味のあるものだけが選ばれる。それを大うそだとあばくことができれば、その主張は成り立たなくなる。「うそだ!」は5点の反論のなかでいちばん強力だ。反論界のセンターポジション、AKBでいう前田敦子さん、ウルトラ・ヒーローでいうセブンだ(※そこは初代ウルトラマンだろ、というツッコミは受けつけない)。

ただし“うそである”ことを証明する責任が生じるため、簡単には使いこなせない。強力ゆえに使うのが難しいのだ。

「『きのこの山』はダメなお菓子だ、なぜならチョコレートがあまり使われていないからだ!」

なんだか真実味のある理由づけだ。『きのこの山』のチョコレートは“かさ”の部分に使われているが、たしかにあまり大きなチョコ塊ではない。ひょっとして『きのこの山』は、カカオマスがあまり使われていないという、チョコレート菓子としては致命的な欠点を持っているのだろうか。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy