体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

取り壊しの儀式に700人 「建物のお別れ会」が描く終わりと始まり

取り壊しの儀式、街づくりの一歩に 建物のお別れ会「棟下式」に行ってみた

規模は違えどどんな建物であっても、完成時は喜ばれ、注目される。「上棟式(じょうとうしき)」や「棟上式(むねあげしき)」といったお祝いの儀式もある。しかし月日が経ち、役割を終えた建物は、ひっそりと取り壊されるのが一般的だ。

建物にはどんな終わりと再生があるのか。2017年4月15日、埼玉県越谷市の朝日信用金庫研修所跡で開催された建物のお別れ会「棟下式(むねおろしき)」に参加し、建物の終わり方と、新しい街のあり方を探った。

分譲住宅地に生まれ変わる研修所跡

今回主催したのは、ポラスグループで分譲住宅事業を展開する中央グリーン開発(埼玉県越谷市)とねぶくろシネマ実行委員会。イベントは、15時~18時の「棟下式」と、18時30分~20時40分の「ねぶくろシネマ」の二部構成で開催された。

開催地は、越谷市南荻島の信用金庫の研修所跡地だ。東武伊勢崎線北越谷駅から徒歩10分強の元荒川沿いに位置し、春には川沿いに咲き乱れる桜を楽しむことができる。【画像1】元荒川沿いの桜並木(写真撮影/富谷瑠美)

【画像1】元荒川沿いの桜並木(写真撮影/富谷瑠美)

研修所の建物と、グラウンドの敷地面積は約1万2400m2。この建物やグラウンドが取り壊され、新たに64戸の一戸建てと、公園や集会所からなる大規模分譲住宅地に生まれ変わる(2017年12月以降に売り出し予定)。【画像2】グラウンドにも桜が咲き乱れる(写真撮影/富谷瑠美)

【画像2】グラウンドにも桜が咲き乱れる(写真撮影/富谷瑠美)

「ねぶくろシネマ」はコンテンツ企画・制作会社のパッチワークス(東京・調布)が企画・運営する。河川敷やグラウンドなどの屋外にスクリーンを設置し、アウトドアを楽しみながら映画を鑑賞できるイベントだ。今回は研修所跡地のグラウンドの防球ネットに、大型スクリーンを吊り下げてスクリーンにし、父と息子の和解を描いたティム・バートン監督の映画「ビッグ・フィッシュ」を上映した。

ねぶくろシネマは今回で10回目の開催。集客力には定評があるが、ねぶくろシネマ実行委員会委員長の唐品知浩さんは「あくまで研修所を記憶に残すための、棟下式のコンテンツの一部」と言い切る。【画像3】ねぶくろシネマ実行委員会委員長の唐品知浩さん(写真撮影/富谷瑠美)

【画像3】 ねぶくろシネマ実行委員会委員長の唐品知浩さん(写真撮影/富谷瑠美)

建物の終わりにも、儀式があっていい

「建物が壊されるときにも、儀式があってもいいと思うんです」。そう語る唐品さん。不動産物件情報のサイト運営も手掛けており、今回の「棟下式」の発案者でもある。かねてから、建物の完成時は華々しく祝ってもらえるのに、取り壊される際には見向きもされないことに違和感があった。

「ずーっとやりたいこと。上棟式に対して『棟下ろし式』。古くなった家屋などを壊す際に、神主さんに祓い清めてもらった後に、周辺住民と参加者で使える部材をもって帰る式」。

唐品さんのそんなフェイスブックのつぶやきに、反応したのがポラスグループ・中央グリーン開発株式会社 CSV推進室コミュニティ企画係 係長の横谷薫さんだった。【画像4】中央グリーン開発株式会社の横谷薫さん(写真撮影/富谷瑠美)

【画像4】 中央グリーン開発株式会社の横谷薫さん(写真撮影/富谷瑠美)

横谷さんは、同社で分譲地のコミュニティデザインを担当。2017年1月ごろ、研修所跡地の現地視察に訪れた横谷さんは衝撃を受けた。昭和45年に建てられた4階建ての研修所は、教会のような三角の屋根と窓ガラスを備え独特の美しさがあった。さらに中には、研修生たちが使っていたベッドや机、ランプといった家具から、湯呑み、鍋、やかん、食器といった味のある日用品がずらり。使用頻度が少ないためか、状態も悪くなかった。

通常であれば、建物の取り壊し前に全て破棄しなければならない。10社以上のリユース業者にも当たったが、「状態は悪くないが、売り物にならないので引き取れない」と買い手はつかなかった。

まだ使える品物たち、何とか誰かに使ってもらう手はないか――。そう考えていた横谷さんの目に飛び込んできたのが、唐品さんのつぶやきだった。そこからおよそ2カ月半。研修所跡地での「棟下式」と「ねぶくろシネマ」の開催にこぎつけた。

「何よりも、地域の人に参加してほしい」。そう考えた横谷さんは、周辺の3自治体およそ2000世帯に回覧板を回してもらう等で告知したほか、ビラ5000枚をポスティング。フェイスブックページも作成し、300人以上にリーチした。【画像5】開場前の行列の様子(写真撮影/富谷瑠美)

【画像5】開場前の行列の様子(写真撮影/富谷瑠美)

当日の天気は薄曇りで、イベントが始まるころにはぽつぽつと雨がちらついた。しかし現地は15時の開場前から、長い行列ができるほどの盛況ぶり。参加者が好きなものを持ち帰れる「お宝発見ツアー」では、研修所内に入ってみると、ロビーのソファやガラステーブル、味のある湯呑みやヤカンに皿。個室のベッドや机など「こんなものまで!?」と思うような大型家具も大人気。次々に「リユース」の札が貼られていく。【画像6】続々とリユースの札が貼られていく(写真撮影/富谷瑠美)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。