体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

燻し、燻され、沖縄ひとり酒。「燻製酒場 煙人」は五臓六腑が泣いて喜ぶお店でした【沖縄】

f:id:mesitsu_lc:20170315165941j:plain

ビールに合うツマミといえば、から揚げ・餃子・○○

日本酒に合うツマミといえば、刺身・塩辛・○○

ワインに合うツマミといえば、チーズ・生ハム・○○

泡盛に合うツマミといえば、スーチカ・スクガラス豆腐・○○

さて、「○○」に入るツマミは何でしょう。賢明な皆さんなら、すでに答えはお分かりのはず。

そう、答えはもちろん「燻製」ですよ!

今回は酒好きを本気にさせる、うまい燻製が食べられるお店「燻製酒場 煙人(えんじん)」に行ってきました。

そのお店は県道47号線にあり

f:id:mesitsu_lc:20170315170706j:plain

「燻し銀のような人」

そう言われたいけど、人生まったく燻せていないメシ通レポーターのmochikingです。

人生を燻せないなら、せめて燻したものを食べよう。ということで、やって来ました沖縄県那覇市・久米(くめ)。

国道58号線を曲がって、県道47号線を進むこと徒歩3分。赤い看板が見えたら「燻製酒場 煙人(以下:煙人)」に到着です!

f:id:mesitsu_lc:20170315171104j:plain

煙人のメニューを紹介する前に、コレだけは言わせてください。

こんな包容力のあるお店って、なかなかないよ!

ほら。お酒を飲むシチュエーションって、いろいろありますよね。

ひとりで。

友人と。

会社の同僚と。

ゆくゆくはあの子と。

特に沖縄では、気軽にひとり酒できるお店は貴重な存在です。

初めて入ったお店で、1人なのにでっかいテーブル席に通されるなんてコトもしばしば。あれほど肩身の狭い思いったらありません。

f:id:mesitsu_lc:20170315171458j:plain

この日は、まったりひとり酒の気分。

煙人には1人でも落ち着いて飲めるカウンター席があるので安心です。

しかもテーブル席にはブラインド付きという細やかな配慮。

おまけに個室は最大18人の団体もOK。

ワイワイ飲む日も、しっぽり飲む日も使える。酒を楽しみたい全ての人を包み込む度量の大きさを、包容力と言わずになんと言いましょう。

f:id:mesitsu_lc:20170315171832j:plain

そんな煙人の包容力を象徴するのがコチラ。

オシャレな雑誌じゃないですよ!

これメニュー表なんです!

ページをめくれば胃袋に語りかける写真と、ちょっとしたウンチクが満載。

こういうメニュー表って、オーダーした後もついつい見ちゃうんですよね。形状上、開いて撮影できなかったのが悔しい。

ちなみに、ひっくり返すとドリンクメニューから見られます。

リバーシブル・メニューブックです。

f:id:mesitsu_lc:20170315172207j:plain

これまた沖縄では貴重な酒メニューの多さに驚きますが、メニューに載っているのはほんの一部なのだとか。

「デートのとき高い酒がたくさん載っていたら困るでしょ。ウチは男性に優しいお店なんです」

と冗談ぽく教えてもらいましたが、実際かなり優しいなぁと感じるのは私だけではないはず。つまるところ、気軽に1杯も、ちょっとイイ酒を飲みたいときもOK。

もはや、シーンに合わせてお店を選ぶ時代はおわったのだ!

そう叫びたくなる包容力が煙人にはあるのです。

“ジューシーな燻製”って、どういうことだってばよ!?

f:id:mesitsu_lc:20170315172729j:plain

▲燻製5種 盛り合わせ(1,050円)

お待たせしました。

いよいよ待望のオーダータイムです。

煙人に足を踏み入れたときから、なんとも言えないスモーキーなイイ香りに刺激され、すでに我慢の限界です!

まずオーダーしたのは燻製部門の人気No1.メニュー「燻製5種 盛り合わせ」。その日オススメの燻製をお得に楽しめる1皿です。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。