ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気デザイナー野口アヤ、インスピレーションの源は?

人気デザイナー野口アヤ、インスピレーションの源は?
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。今週のゲストは、ファッションデザイナーの野口アヤさん。野口さんは、ブランド「Balcony and Bed」のデザイナーであり、ショップ「Salon de Balcony」のディレクションも手掛けています。初日の3月27日(月)は、野口さんのインスピレーションの源についてお聞きしました。

「なぜか昔から古いものが大好きで、たぶん音楽からだったと思う。クラシックピアノを小さい頃からやっていたせいもあって、今でもクラシックは好きなんですけど、中学の時にビートルズを聞いたり…その時の流行りじゃない古いものが好きでした。それからファッションに目覚めて、今では家具も、家中アンティークで埋まっているっていう感じで…」と野口さん。

物に関していうと、初めて買ったアンティークは高校生の時、すごくシンプルな、昔パリのカフェで使っていたようなお盆を1,000円くらいで買ったのが最初だそう。「それは今でも毎日使ってます」(野口さん、以下同)

その後、古着のファッションにはまっていったそうです。

「高校の卒業式の頃は、50年代のファッションにはまっていて、どうしてもジャケットが小さくてスカートがふわっと広がってるスーツを着たくって、でもそんなの普通に売ってないじゃないですか。それで、母を青山のビンテージショップまで連れて行って買ってもらいました(笑)」

野口さんによると、「アンティーク」は正式には100年以上前のもの、それ以外は「ビンテージ」、ただのセカンドハンドは「ユーズド」、というジャンル分けが一応あるのだそう。経年変化の色あせた感じや、新品のものにはない味わい、服などでは今では作ることができないすごい手仕事や、ひとつひとつ手作りなところが魅力だと語ってくれました。

現在発売中の雑誌「& Premium」には、野口さんの特集も掲載中です。気になる方はぜひ手に取ってみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy