YouTube、注釈ツールの廃止を発表。修了画面と情報カードの使用を推奨

access_time create folderデジタル・IT
YouTube は 3 月 16 日、古くから提供している動画の注釈ツールを 2017 年 5 月 1 日をもって廃止すると発表しました。一部の YouTube 動画には情報の追加、誤字の訂正、他の動画へのリンクのために静的なボックス型の注釈が表示されます。この編集ツールが 5 月 1 日で廃止され、その後は作成、編集、削除ができなくなります。表示は継続する模様です。YouTube では最近追加された修了画面と各種情報カードが広く使用されるようになってきており、これに伴い注釈ツールの利用数が 70% も減少したため廃止することに踏み切ったようです。YouTube は今後、動画への情報の追加には、デスクトップとモバイルの両方で機能する修了画面と情報カードを使用するように呼びかけています。Source : YouTube

■関連記事
Sony Mobile、Xperia Earの音声プラグイン(アスナ)を配信開始
Montblanc、Android Wear 2.0を搭載したスマートウォッチ「Summit」を発表
TCL、1万円の「Alcatel PIXI 4」を3月24日に国内発売

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧