体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事でモテる男はなぜ、「メンズ美容」をしているのか?

f:id:kensukesuzuki:20140303161055j:plain

近ごろ男性ビジネスパーソンの間で「メンズ美容」への関心が高まっています。スキンケアやニオイケア、ひいては身だしなみをきちんとしたいと考える大人の男性たちが増えているのです。

そんな彼らは今、男性のあるべき身だしなみのノウハウを求めて、ある女性のもとに駆け込んでいます。その人の名は、メンズ美容家・山川アンクさん。

なぜ今、メンズ美容なのか。そしてなぜ、メンズ美容に意識が高い男性は仕事でモテるのか。アンクさんにお話をうかがいました。

朝の洗顔もまともにしないほど美容に無頓着だったライターの松岡がお送りします。

f:id:atsushimatsuoka:20170314134418j:plain

山川アンク:クリスチャン・ディオールをはじめ国内外の化粧品メーカー4社に勤務を経て、2012年より日本初の女性メンズ美容家として活動開始。

一般社団法人日本メンズ美容協会理事長。「美容の科学と女性目線」でメンズ美容の普及に務め、ビジネスもプライベートも成功する、見た目改造方法をメディアや講演会を通じて指南している。

意識すべきは「見た目」と「ニオイ」

――ビジネスやプライベートにおいても「選ばれる男」になるにはどうすべきか。メンズ美容の大切さについて、ぜひお聞きしたいと思いまして。

山川 ええ。

――見た目についてはみんな気にしていて、自分をよりよく見せようという気はあると思うんです。洋服屋さんに足を運んで、ちょっといい感じの服を探したりするのもそうで。ただ美容については、たとえば洗顔すら満足にやっていない人も実は多いんじゃないかという気がしているんです。

山川 松岡さんも洗顔されてないんですか?

――もちろん顔は洗っているのですが、洗顔フォームは使わずに、水でパシャパシャしているだけで。必要最低限といった感じです。

f:id:atsushimatsuoka:20170314131719j:plain

山川 私は男性の美意識には段階があると思っていまして。スキンケアというのはその最終段階なんだと思うんです。

――段階ですか。

山川 まずはヘアスタイルやファッション。人ははじめに相手の顔を見ますから、髪型をどうにかしようとする。次にファッションに気を配るようになる。体の中で首から下が占める割合は大きいですからね。まずはそういうところに意識がいって、それと前後してデオドラントに気がまわる。思春期のころからニオイを気にして、ケアをなさっている男性も多いと思います。

お金の問題もありますね。限られたお金を何から使うかと言えば、やっぱり分かりやすく服や髪型に費やすはずで、スキンケアについてはどうしても優先順位が低くなりがちです。

――しかし、きちんとケアをしないと「顔から臭う」というお話を聞いたことがあります。

山川 ええ。汗と一緒に皮脂を分泌する皮脂腺が顔にありますから、ベタついたまま放置していたら顔からもニオイが発生します。

――僕はたとえベタついても、自分が不快なだけだから別にいいやと思っていたんです。でも、顔から臭って周りに迷惑をかけているのだとしたら、これはマズイなと。

山川 迷惑とまでは言いませんけれど。顔のニオイが分かるほど接近される方は一部の近しい方だけだと思いますし(笑)。ただ、ニオイの問題はデリケートですから他人に指摘されにくいのは確かです。

――そういえば最近、妻に「加齢臭がする」って言われたんです。まだ30代なんですけどね。うちの奥さん、わりと思ったことを素直に言うタイプなのですが、さすがにこちらが傷つくと思って、なかなか切り出せなかったみたいです。

山川 正確には、それは「ミドル脂臭」といわれるものですね。皮膚に付着している汗が分解されて生成されるジアセチルと皮脂(皮膚の脂)が混ざって発生するニオイです。加齢臭とは異なり、空気中に拡散しやすく、人と離れた位置にいても気づかれやすい性質があります。30代半ばごろから発生するので、注意が必要ですね。 f:id:kensukesuzuki:20160802130308j:plain

山川 そんなに臭ってたんですか?

――自分では分からなかったんですけど、このまま外に出て人と会わせるのが不安なくらい強かったらしいです。でもある日、そのニオイがゼロになったと言われました。

山川 それはどうして?

――僕は子供ができてから、子供と一緒にお風呂に入っているんですが、赤ちゃん用のボディソープを自分でも使っていたんですね。赤ちゃんの肌にやさしい天然素材というふれこみだったから、同じのを一緒に使えばいいやと思ったんです。天然素材って聞くと、なんだか良さそうな気がして。

山川 なるほど。赤ちゃん用と大人用では求められる洗浄力がまったく異なりますから、それはダメですね(笑)。

――それで元の大人用ボディソープに戻したら、それまで出ていたニオイが完全に消えたと言われました。要は「積年の洗い残し」だったわけで(笑)。

山川 奥様もなかなか言えなくて、悶々とされていたでしょうね。小さなことかもしれませんけれど、夫婦円満のためにも衛生面においても、こういうことは意外と積み重なってくるものですから、ニオイの成り立ちだとか原因について知識をもっておいて損はないと思います。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。