体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017年2月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング

【2017年2月版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング

SUUMOジャーナルでは「まだ見ぬ暮らしをみつけよう」をコンセプトに、住まいや暮らしに関する記事をお届けしています。2月は春からの新生活に向け、賃貸物件を探す人が増える時期。どのような記事が多くの人に読まれたのでしょうか?

2月の公開記事本数は、取材記事が26本、ニュースが126本、合計152本でした。2月に公開した記事のなかから、PV数を多く獲得した記事TOP10をランキング形式で紹介します!

上京一人暮らし調査から移住まで幅広いジャンルの記事がトップ10に

TOP10はこちらの記事となりました!

第1位:上京一人暮らし調査[1] この場所に行ってみたかった! ランキング

第2位:中古マンション、首都圏で過去最高の成約。2017年の価格はどうなる?

第3位:2年無料! 家も雑貨もぜんぶ無印良品で暮らしてみた。 その住み心地は?

第4位:インテリアスタイリストのお部屋公開!“DIY×職人”リノベのすすめ

第5位:漫画・フリーランス家を買う[5] 一軒家を買って良かったこと

第6位:賃貸住宅の建設が増えているけど、そんなにつくって大丈夫?

第7位:【島根に移住(中)】 東京暮らしから400坪の古民家生活へ。実際、楽しいの?

第8位:築40年アパートの窓から隙間風が……どうしたらいいかYKK APに聞いてきた

第9位:一人暮らしの人は要注意! 危険な「独り言」とは?

第10位:2016年、新築マンションは減ったけど、新築一戸建ては増えていた!

※対象記事:2017年2月1日~2017年2月28日までに公開された記事

※集計期間:2017年2月1日~2017年2月28日までのPV数の多い順

無印良品で囲まれた家、インテリアスタイリストのすてきなお部屋の実例紹介記事がランクイン

第1位:上京一人暮らし調査[1] この場所に行ってみたかった! ランキング

(2017年2月7日掲載)上京一人暮らし調査[1] この場所に行ってみたかった! ランキング

写真/PIXTA

地方から東京に上京をして一人暮らしをしたことがある男女300人に上京したらここには行ってみたかった!というスポットを調査。その結果は1位 渋谷、2位 新宿、3位 原宿・表参道、4位 横浜がランクインするという結果に。行ってみたかったエリア、堂々の第1位は渋谷(スクランブル交差点、ハチ公、SHIBUYA109など)でした。渋谷の代名詞でもあるスクランブル交差点やSHIBUYA 109などは、地方にいてもテレビや雑誌などで見ることも多く、一度は行きたいスポットになっているのでしょう。

第2位:中古マンション、首都圏で過去最高の成約。2017年の価格はどうなる?

(2017年2月1日掲載)中古マンション、首都圏で過去最高の成約。2017年の価格はどうなる?

写真/PIXTA

毎週水曜日に住宅ジャーナリストが住まいの最新ニュースを紹介&解説する連載「今週の住活トピック」の記事がランクイン。東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が公表した2016年の「首都圏不動産流通市場の動向」の内容を解説します。首都圏の新築マンションの供給戸数については、不動産経済研究所が公表しているが、2016年は3万5772戸だったので、首都圏の中古マンションの成約件数(3万7198件)が、新築マンションの供給戸数を上回ったことになる。しかも、新築マンションの場合は2016年にまだ売れていない残戸数が5899戸あるというので、契約戸数は2万9873戸になり、中古マンションの売れ行きの良さが際立つ。

したがって2016年については、「新築マンションより中古マンションのほうが売れた」と明確に言えるだろう。

第3位:2年無料! 家も雑貨もぜんぶ無印良品で暮らしてみた。 その住み心地は?

(2017年2月16日掲載)2年無料! 家も雑貨もぜんぶ無印良品で暮らしてみた。 その住み心地は?

写真提供/藤田あみい

無印良品が「家」を売っていることをご存じですか? そんな「無印良品の家」は2012年に思い切ったキャンペーンをスタート。2年間無償で「実際に無印良品の家に住んでくれるモニター」を一般募集し、1組の夫婦が当選しました。家も家具もぜんぶ無印良品で2年間暮らしたラッキーな当選者に、その住み心地などを聞いてみました。「SNSのタイムラインにモニター募集の投稿が流れてきたのを、たまたま目にしただけなんですよね。正直、当時は無印良品の家のことはよく分からなかったです。熱烈に住みたいというよりは、場所も希望の三鷹だし、ウェブサイトの情報を見る限りは何だか良さ気だし、タダだし……、というくらいの感覚。本当に良さが分かったのは住み始めてからです」

第4位:インテリアスタイリストのお部屋公開!“DIY×職人”リノベのすすめ

(2017年2月10日掲載)人気スタイリスト石井佳苗さんが語る! DIY×職人のマンションリノベ

写真撮影/片山貴博

住人が自らの手で部屋をカスタマイズするセルフリノベーション。しかし、DIYビギナーにとってはまだまだハードルが高いもの……。そこでオススメなのが、プロの大工さんの手を少しだけ借りる“半”セルフリノベーション。職人さんと協同でマンションリノベを試みた人気インテリアスタイリストの石井佳苗さんにセルフリノベーションの魅力を教えてもらいました。1LDKのマンションを半分手伝いながらリノベーションし、自分で素材や設備の発注をしたことで、200万円弱のコストカットにつながったそう。ただ、石井さんはコスト以外にも得るものは大きかったといいます。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。