ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すべて実食! 沖縄・南風原町「なごやめしフェア」の魅惑メニュー【お店で今も食べられる】

f:id:Meshi2_IB:20170310154044j:plain

グランパスゆかりの南風原町

昨年、仕事で何度か沖縄に足を運ぶ機会があった。ラフテーやゴーヤーチャンプルー、タコライスなど沖縄料理を堪能したのだが、濃い味付けが好きな名古屋人の私にとって、どれもど真ん中の味だった。

逆に、沖縄でなごやめしを出したらウケるのではないかと思った。そんな矢先、沖縄本島の南部にある南風原(はえばる)町で「なごやめしフェア」なるイベントが開催されるという情報が飛び込んできた。

f:id:Meshi2_IB:20170310153653j:plain

実は、南風原町はJリーグ「名古屋グランパス」のキャンプ地。

「なごやめしフェア」は、町を訪れた選手やファンを歓迎し、キャンプを盛り上げるために昨年から開催しているそうで、今年で2回目となる。

キャンプ期間の2月4日(土)~12日(日)まで町内の飲食店21軒で味噌カツや手羽先、小倉トーストなどが食べられるほか、味噌煮込みの名店「山本屋 大久手店」や名古屋が誇る即席カレーメーカー「オリエンタルカレー」、あんかけスパの元祖「スパゲッティハウス ヨコイ」とのコラボメニューも楽しめるという。

沖縄料理となごやめしをかけ合わせると、いったいどんな料理が生まれるのだろうか?どうしてもこの目と舌で確かめたくなり、沖縄へと向かった。

f:id:Meshi2_IB:20170310153738j:plain

南風原町に足を踏み入れると、町のいたるところに名古屋グランパスを応援するのぼりがズラリ。

f:id:Meshi2_IB:20170310153748j:plain

ビルの壁面にも巨大なパネルが!

町を挙げて選手や関係者、ファンを歓迎しているのが伝わってくる。

辛うまい! 台湾カレーミンチ

まず、向かったのは練習場となっている黄金森公園陸上競技場。

f:id:Meshi2_IB:20170310153800j:plain

ここに出店している飲食ブースでは2種類のコラボメニューが食べられるのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170310153812j:plain

出店しているのは、南風原町内にお店を構える「お祭り酒場 一笑懸命笑撃的」とその系列店「キッズレストラン カナカナ」。

まず「お祭り酒場 一笑懸命笑撃的」ブースへ行くと、ちょうど名古屋グランパスの公式マスコット・グランパスくんが表敬訪問中だった。

オーナーの松田一志さんとツーショット撮影をした後、メニューを注文。

f:id:Meshi2_IB:20170310153822j:plain

「お祭り酒場 一笑懸命笑撃的」では、名古屋発祥であるオリエンタルカレーの新商品「台湾カレーミンチ」と沖縄名物のタコライスとのコラボメニューを提供。

f:id:Meshi2_IB:20170310153834j:plain

それがこちらの「台湾カレー タコライス風」(500円)。

タコライスには欠かせないレタスやトマト、チーズのほか、ナーベーラー(食用ヘチマ)やカボチャ、ズッキーニなど野菜がたっぷり。これらはすべて南風原町産だ。

とくにナーベーラーとカボチャは町の特産とか。

f:id:Meshi2_IB:20170310153842j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。